韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国の経済規模 21・22年とも世界10位維持=IMF予想

韓国の経済規模 21・22年とも世界10位維持=IMF予想

国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しによると、韓国の2021年の名目国内総生産(GDP)は1兆8239億ドル(約208兆円)となった。これは世界191カ国のうち10番目の規模。IMFは韓国について、22年の名目GDPも1兆9077億ドルで世界10位になると予想している。韓国は20年も10位だった。

韓国の順位は05年に10位を記録した後、トップ10圏外に下落。18年に10位に返り咲いたが、19年は12位に後退。昨年再び10位となった。 韓国が10位を維持する見通しとなったのは、新型コロナウイルス禍の中でも優れた経済成長を続けているためと分析される。 IMFは今年と来年の韓国の成長率見通しをそれぞれ4.3%、3.3%としており、世界経済の成長率(5.9%、4.9%)に比べ大きく見劣らない。韓国は20年にコロナをうまく封じ込めたため前年の反動が小さく、今年の経済成長率が低く見える。韓国の昨年の成長率はマイナス0.9%にとどまったが、世界経済の成長率はマイナス3.1%だった。

統計値とIMF見通しに基づく20~21年の平均成長率を見ると、韓国は1.7%で主要7カ国(G7)を上回る。G7では1.3%の米国と0.2%のカナダだけがプラス成長を記録し、それ以外の英国、フランス、ドイツ、日本、イタリアはいずれもマイナス成長だった。

スポンサードリンク
経済規模で韓国に続くブラジルとロシアの今年の成長率見通しはそれぞれ5.2%、4.7%と韓国より高いが、これは落ち込みが激しかった昨年からの反動が大きいため。来年の成長見通しはブラジルが1.5%、ロシアが2.9%と韓国(3.3%)より低い。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211226000400882

2021-12-28-k001.jpg

日本生産性本部によると、2020年、韓国の購買力評価基準の1人当たり国内総生産(GDP)は4万3319ドル(約5138万ウォン)で、経済協力開発機構(OECD)の38のメンバー国のうち、19位についた。日本は4万1775ドルで23位にとどまった。1位は11万8726ドルのルクセンブルクだった。 米国は5位(6万3285ドル)、ドイツと英国はそれぞれ12位(5万4316ドル)と17位(4万5944ドル)だった。OECD平均は4万4986ドルで、韓日両国いずれも平均を下回った。

2021-12-28-k002.jpg

韓国は2018年、20位と、21位の日本を初めてリードしたが、2019年は23位に止まり、22位の日本に追いついた。韓国が2年ぶりに購買力GDPで日本を抜いたのは、2017年に初めて4万ドルを突破して以来、所得が増え続けているからだ。一方、日本は15年に4万ドルを突破して以来、6年間所得水準が横ばいとなっている。

1990年8353ドルだった韓国の1人当りのGDPは、この30年間で5倍以上になった。一方、日本は1996年5位で、主要7か国(G7)のうち、米国に続き2位まで上がった順位が23位まで下がった。日本の1人当たりのGDPは、2007年までのOECD平均を上回ったが、2008年以降12年間平均を下回っている。

関連記事

[ 2021年12月28日 07:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp