韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国次期政権が解決すべき経済課題

韓国次期政権が解決すべき経済課題

荒っぽいが韓国の過去の政権の経済分野の国政課題を要約してみる。第15代大統領金大中(キム・デジュン)政権は通貨危機の国難克服、第16代盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は成長動力回復とセーフティネット強化、第17代李明博(イ・ミョンバク)政権は世界金融危機対応、第18代朴槿恵(パク・クネ)政権は世界経済沈滞期に対応する景気回復、第19代文在寅(ムン・ジェイン)政権は政府主導成長と福祉拡大を推進したといえる。それならこれからやってくる第20代大統領の政権の経済国政課題は何になるだろうか。

まず注目すべき状況は、次の大統領任期の2022~2026年は世界的に政治・経済・技術全般にわたった時代的転換が進められる時期という点だ。次期政権の対応によって韓国の未来が決定されるという見通しまで出ている。「新冷戦時代」と「ポストコロナ時代」を解決しなくてはならない次期政権が直面することになる経済課題は次のように予想される。

まず少子高齢化問題だ。最も注視すべき点は高齢化速度が次期政権の間に最も速く進むという点だ。統計庁の推計によると、総人口のピークが2019年推計では2028年と予想されたが、2021年推計ではすでに2020年にピークを過ぎたことがわかった。特に65歳以上の人口の割合は2021年の16.6%から、2025年以降は20%を超える超高齢化社会に進入すると予想される。

スポンサードリンク
合計特殊出生率は2021年の0.84から2026年に0.78、15~64歳の生産可能人口100人当たりの14歳以下と65歳以上の人口の割合を示す総扶養比率は同じ期間に39.7人から46.1人に高まると予想される。 少子高齢化の速度が速くなることで国民年金財政問題の深刻性は加重される。それでも国民年金保険料率は1998年に3%から9%に引き上げて以来23年にわたり9%で縛られている。次期政権でも国民の負担を高めて恩恵を低くする方向で年金改革を断行しないならば、次世代に対する負担移転を加速し、年金財政の破綻を繰り上げる結果を招くのは明らかだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/286100

2021-12-29-k001.jpg

家計向け融資は2016年10-12月期に比べ2021年7-9月期には36%増加し、国の債務は2016年末から2020年までで35%増加した。最近韓国銀行は家計と国の負債が16年間連続でともに増加するマクロ経済的危険性を指摘している。民間負債への依存度が高い状態で政府部門の負債も急速に増加すれば、政府財政が景気変動に対する衝撃緩和の役割をする余力が縮小されるので景気変動性が大きくなり、したがって対外的衝撃に対する対応力が弱まる。

とはいえ国家予算の過半が外責となる韓国において、毎年積みあがる数十兆円の借金をどう対応するのかは難しい。まして外資系企業は韓国離れし始めている。内需が縮小し、競争化社会だけがますます独り歩きする。如何に税収を増やし、若者を増やす或いは、海外から若者を受け入れ、雇用を増加させ、高齢化社会に対応する社会を生み出すのは、あまりにも難しい。

関連記事

[ 2021年12月29日 08:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の少子化は、国力の低下と国家政策の失敗の二重らせんでつくられている。
経済の凋落は、政治の迷走の結果だし、そこから少子化だけでなく、多面的な
社会の分断が起こった。複雑化した韓国社会から、少子化問題だけを抽出して
解決しようと試みても―素人眼にも―まず不可能だろう。

[ 2021/12/29 09:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp