韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の中国・西安工場がロックダウンで減産

サムスン電子の中国・西安工場がロックダウンで減産

サムスン電子はコロナ拡散でロックダウン(都市封鎖)された中国・陝西省西安市にある半導体生産ラインで減産に入った。市場では状況が長期化した場合、世界の半導体市場に影響を与えかねないとの見方が出ている。

サムスンは29日、ウェブサイトを通じ、コロナの拡大が続いているため、西安の半導体工場の生産ラインを弾力的に調整しており、従業員の安全と健康を最優先に考慮する経営方針に従ったものだと説明した。サムスンは「ホテルで全従業員が生活するなど最大限の努力を行ったが、一部で隔離者が発生し、原材料のスムーズな搬入もできなくなり、生産ラインの調整が避けられなかった」とした。具体的な減産規模は明らかにしなかった。

西安ではコロナの集団感染が発生し、23日から西安に通じる全ての高速道路が閉鎖されるなど、ロックダウンが命じられた状況だ。27日にはさらに外出を完全に禁止する指針が示され、生活必需品を各家庭に配達し、都市全体を消毒する作業に着手した。 一連の措置で現地では工場の大半が稼働を中断したが、サムスンは生産ラインを一度止めれば数千億ウォンの損失が出る半導体工場の特性を考慮し、これまで平常通りに稼働してきた。

スポンサードリンク
西安はサムスンが海外に設置した唯一のメモリー工場で、月にウエハー25万枚規模でNAND型フラッシュメモリーを生産している。市場調査会社トレンドフォースによると、西安のロックダウンによる影響について、「今回の事態が来年第1四半期(1-3月)のNAND型フラッシュメモリーの価格に影響を与えかねない」と予想した。同様に西安にあるサムスンSDIの電気自動車用バッテリー工場は現時点で平常稼働している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/12/30/2021123080003.html

2021-12-30-k003.jpg

全世界のNANDフラッシュメモリ生産の10%を占める中国の西安工場が減産に入り、半導体業界に非常灯がついた。 NANDフラッシュメモリはPCや企業用サーバ、データセンターなどに投入される。西安ラインの生産が縮小するにともない、来年のNANDフラッシュメモリの単価は従来の見通しよりも引き上げられる可能性が高まった。事態が長期化すればサーバー増設のような、企業のインフラ投資にも影響を及ぼす可能性がある。

サムスン電子は29日、海外で唯一運営中のメモリ半導体工場である中国・西安のNANDフラッシュメモリ工場の生産ラインを縮小すると明らかにした。先立ってサムスン電子は去る23日、西安省の封鎖措置が下されると緊急体制に突入し、これまで投入できる人材を最大限に活用して生産ラインを正常稼動してきた。西安工場の人材は協力会社の職員を含めて1万人以上の規模だ。しかし封鎖状況が長くなると、宿舎で隔離しながら生産ラインに投入された人員の疲労度が増したことから、サムスン電子は工場要員と地域住民の安全が最優先だと判断し、ライン稼働の縮小を決定した。

半導体工場は24時間稼働する。生産ラインの弾力的な調整は、事実上は減算のまた異なる表現として解釈される。しかし今のところ、ラインの稼働中断状況まで行ったわけではない。サムスン電子の関係者は「稼働中のラインが中断されたわけではなく、生産ラインへの投入人材などを調整する措置」だと説明している。

関連記事

[ 2021年12月30日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp