韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SK、GS、現代重のCEOが新年メッセージ、キーワードは不確実性と変革

SK、GS、現代重のCEOが新年メッセージ、キーワードは不確実性と変革

2022年の新年を迎え、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、許兌秀(ホ・テス)GSグループ会長、権五甲(クォン・オガプ)現代(ヒョンデ)重工業グループ会長など、主要企業の最高経営者(CEO)らは、不確実性が最大化した経営環境の中の変革をキーワードとしてそれぞれ提示した。

崔会長は31日、社員全員に「新しい時間のフロンティアへ」というタイトルで電子メールの新年のあいさつを伝えた。崔会長は、電気自動車バッテリー、半導体、バイオなどの未来の主力事業について、「SKの主要事業は、国家戦略資産としてグローバル覇権競争の真ん中に立っている」とし、「過去の経験に安住せず、戦略的柔軟性に基づいて創造的に対応しなければならない」と述べた。

続いて「われわれの未来のため、炭素削減は避けられない課題だ」とし、「SKは、ビジネスモデルの革新を通じて、未来の低炭素エコ事業を先導することを確信する」と強調した。崔会長は「企業の宿命は、チャンピオンではなく挑戦者になることだ」とし、「新年も偉大な挑戦精神で未来をリードする『新しい時間のフロンティア』になろう」と呼びかけた。

スポンサードリンク
許会長は、新年の経営方針として「不確実性に対応するための事業生態系の拡張」を提示した。許会長は、新年の経営メッセージで「コロナ変異ウイルスの出現や不安定なグローバル情勢、インフレ懸念などが、事業環境の不確実性を高めている」とし、「いつになく変化が早く、不確実性が大きい時代に未来の成長に進むには、多様なビジネスパートナーと協力する事業生態系を拡張しなければならない」と強調した。

現代重工業グループは、2022年、創立50周年を迎える。権会長は役職員の新年のあいさつで、「新年のわがグループの中心キーワードは、革新を通じた価値創出だ」とし、「これまでの50年が挑戦と成長の時間だったとすれば、これからの50年を始める今は革新を通じた新しい価値創出の時間だ」と強調した。権会長はこのため、事業構造や思考、技術、システムの4つの方向への革新を役員や従業員らに指示した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220101/3118492/1

2022-01-02-k002.jpg

コロナ禍は企業にとって厳しいものだが、実はコロナ禍前後で、企業が直面する課題はほとんど変わっていない。昨今の企業を取り巻く環境はもともと不確実性が高く、そんな時代ゆえ企業は絶えず変化しイノベーションを起こさなければ、存続が危ぶまれる状況にある。企業は多様な仕組みがかみ合って成立している。効率的にかみ合っているからこそ回っていく面もあるが、逆にいえばどこか一つの要素だけ変えようとしても他の部分が抵抗となり、なかなか変えることができないのも事実。

不確実性の高い時代に企業を変える原動力となるのは、やはりトップ。経営者のリーダーシップがこれまで以上に重要になってくる。トップがなすべきこと自体は、大企業も中小企業も変わらない。


関連記事

[ 2022年01月02日 08:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
司令塔は誰だ
「不確実性」を訴求する複合企業なら、次に出るのは
「選択と集中」でしょう。今は、業績が上がるか、下がるか、
じっと見ている。

企業トップが「不確実性」を強調する意味は、
「オレは分からん」と司令塔責任を放棄している、
という意味です。
[ 2022/01/02 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp