韓国経済ニュース

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済ニュース TOP  >  韓国経済 >  米中覇権争いの中、世界最大の技術展示会「CES」で韓国企業が主役に浮上

米中覇権争いの中、世界最大の技術展示会「CES」で韓国企業が主役に浮上

未来の新技術と新製品を披露する世界最大の電子・IT・自動車展示会「2022CES」が5日(現地時間)、米国のラスベガスで開幕する。コロナパンデミックの状況で開かれる中、韓国企業が「主役」として注目を集めているのが目を引く。市場での地位が高まった上、積極的なマーケティング戦略で、参加を見送った米国・中国企業の穴を埋めているからだ。今年の展示会で注目されるエコ・ヘルスケア技術、宇宙産業、非代替性トークン(NFT:Non-Fungible Token)などにも関心が集まっている。

今年のCESは米ラスベガスで、7日まで3日間開かれる。コロナ禍の中、2年ぶりにオフラインで開かれる。世界中から2200社余りの企業が参加する中、韓国企業は過去最大規模の500社が参加を決めた。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の感染拡大で、グーグルやアマゾン、ゼネラルモーターズ(GM)などグローバル企業が対面行事への参加を取り消した上、 米中間の「技術覇権」争いの影響で中国企業がほとんど参加を見送ったため、韓国企業が主役に浮上した。

サムスン電子はギャラクシーS21ファンエディション(FE)を含め、モバイルやテレビなどの新製品を大量に公開し、環境・社会・ガバナンス(ESG)に注目した基調演説も行う。従来の消費者家電(CE)とモバイル(IM)を統合したDX部門を総括するハン・ジョンヒ副会長が開幕に先立って4日、ラスベガスのベネシアン・パラッツォ・ボールルームで「共存の時代」(age of togetherness)をテーマに基調演説を行う。持続可能な地球を作るためのサムスン電子の主要事業を紹介する予定だ。

スポンサードリンク
SKグループは、SKテレコムやSKイノベーション、SKハイニックスなどが参加し、グループレベルの展示場を設ける。SKテレコムは低電力人工知能(AI)半導体とメタバースなど「ネットゼロ」を達成するための革新的な「グリーン情報通信技術(ICT)」を公開する。SKハイニックスは、温室効果ガスや炭素排出削減に貢献できるエコ工程技術やエコ製品パッケージなどを披露する計画だ。「炭素ゼロ生活」をテーマに各系列企業の炭素削減努力も示す。

現代自動車は「移動経験の領域を拡張する」というスローガンを掲げた。現代自動車グループのチョン・ウィソン会長は4大グループのトップのうち唯一展示場を訪れ、現代自動車の未来ロボットやモビリティ(移動手段)技術などを広報する予定だ。CESに初めて参加する現代重工業グループは船舶の自働運航とロボット技術を、斗山は水素中心の環境にやさしい技術を紹介する。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42172.html

2022-01-04-k001.jpg

「CES」は、毎年初旬に米国ラスベガスで開催されている世界最大規模の家電展示会で、サムスン、LG、SKTなどの韓国大企業、Google、Amazon、Sonyなどのグローバル企業、デジタル新技術を保有する世界中のスタートアップが参加する技術交流の場でもある。ソウル市は、翌2022年初旬に米国ラスベガスで開催される世界最大規模の家電展示会、「CES(Consumer Electronic Show) 2022」で『ソウル館』をオープンして、革新企業25社と共に参加する。

CESで『ソウル館』が運営されるのは、これで3回目となる。今回は、さらに高度になりアップグレードされたソウルのデジタル技術を公開するという意味を込めて、「Next Digital Seoul」がテーマに選定された。革新企業25社が保有する技術ソリューションは、交通・環境分野(5社)、安全・健康分野(7社)、経済・リビング分野(13社)である。

このうち、2021年CES革新賞を受賞した企業5社の技術は、IoT技術で個人に合わせてカスタマイズ型栄養管理をしてくれる「アルゴケア(Algo Care)」、動画の中の主人公、声を変える映像制作・共有SNSプラットフォーム「クレオン(klleon)」、いびき感知など使用者の熟眠を助ける人工知能スマート枕「メテル(Maetel)」、テキストを動画に自動変換するAIソフトウェア「ウェインヒルス・ベンチャーズ(waynehills ventures)」、3D顔スキャン、分析、ビッグデータでメガネを推薦するメガネ注文用アプリ「コプティック」である。

関連記事

[ 2022年01月04日 07:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
最先端技術の研究開発には、情報管理とサプライチェーンの維持が不可欠。
韓国は、政治と経済で利益相反を起こしており、中国と米国に引き裂かれている。
日本は旗色を鮮明にしないと、韓国と同じ轍を踏みかねない。
どっちつかずの判断は、ジャープのように企業解体さえ引き起こす。
[ 2022/01/04 08:18 ] [ 編集 ]
業績好調で、仕込みに忙しいメーカーは
CESには出てこない。いまどきは、ガチンコの
競争をやっている業界はないような。
[ 2022/01/04 12:55 ] [ 編集 ]
こらが韓国の誇る最新技術?
いびき検知して変化する枕、30で顔スキャンして眼鏡を推奨してくれる(メガネが多い韓国ならではの技術かもしれないけど)どれも要らん、自分で選ぶわ。

遊び心満載ともいえるが、むしろ韓国人の発想の貧弱さがひ・ど・い。
韓国は人工知能技術(AI)を言う前に情操教育が必要だと…思う。
[ 2022/01/06 05:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp