韓国経済ニュース

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済ニュース TOP  >  韓国経済 >  ハンバーガーとサンドイッチ、トッポッキが1万ウォン、韓国の外食物価が10年ぶりに最大上昇

ハンバーガーとサンドイッチ、トッポッキが1万ウォン、韓国の外食物価が10年ぶりに最大上昇

最近、外食物価が相次いで上昇し、「安い一食」で人気だったハンバーガー、サンドイッチ、トッポッキなどが1万ウォンを上回る。外食メーカーが、食材の高騰や人件費の増加、配達アプリのプラットフォーム手数料など、さまざまな費用負担が増大し、価格を引き上げたためだ。昨年12月の外食物価の上昇率は、10年3カ月ぶりの最大幅で上昇した。

2日、食品業界によると、最近ファーストフード業界は相次いで値上げに踏み切っている。ロッテリアは昨年12月、全体メニュー価格を平均4.1%引き上げた。昨年2月に1.5%引き上げたのに続き2度目となる。年に2度値上げしたのは1979年のロッテリア創業以来初めてのこと。従来は8900ウォンだった韓牛プルゴギバーガー・セットは、9200ウォンに値上がりした。

新世界(シンセゲ)系列のノーブランドバーガーも昨年12月、価格を平均2.8%引き上げた。コストパフォーマンスを武器に、これまで値上げを自粛してきたが、2019年の発売後3年ぶりに初めて値上げに踏み切った。統計庁によると、昨年12月、ハンバーガーの外食物価は前年同月比5.2%上昇し、外食全体物価の上昇率の平均値(4.8%)を上回った。

スポンサードリンク
サンドイッチを販売するサブウェイも、今月3日から、サンドイッチ価格を平均5.1%値上げした。代表メニューの「トルコ・ベーコンアボカドサンドイッチセット」は9300ウォンになった。昨年初めに価格を一度1.2〜2.8%引き上げたマクドナルドとバーガーキングのセットメニューも、1万ウォン台に迫る。マクドナルドの「ダブルクォーターパウンダーチーズ」セットメニューは8400ウォン、バーガーキングの代表メニュー「ワッパー」セットは8100ウォンだ。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220103/3121723/1

2022-01-04-k003.jpg

新年早々から流通・食品企業が消費財の価額上昇に出た。専門家らは昨年10年ぶりに最高に上がった物価上昇の勢いが少なくとも上半期まで続くものと予想している。肉類の価格は10~20%ほどさらに上昇するものとみられる。2日、流通業界によると、主な加工食品価格は新年初日から相次ぎ上がっている。コンビニの東遠(トンウォン)両班お粥の価格が15%上昇し、毎日乳業のカップコーヒー価格は200ウォン(約20円)上がった。コカコーラ(旧韓国ヤクルト)が販売するコンビニのヤクルトも価格が100~200ウォン引き上げられた。

家具大手「イケアコリア」は今月から全体製品の20%に該当する収納棚・ベッド・食卓・ラグの価格を平均6%ほど引き上げると発表した。米国ファッションブランド「ポロラルフローレン」と「ヴァンズスニーカー」も一部品目の価格を最大32%引き上げた。企業は原材料費・物流費・人件費など諸般費用の増加でやむを得ない決定という立場だ。延世(ヨンセ)大学経済学科のソン・テユン教授は「原材料の価格上昇とサプライチェーンの悪化などにともなう世界的な経済環境とともに国内の最低賃金の引き上げによる労働費用の上昇も重なり、企業の生産費用が増加している」として「価額上昇の圧迫は一時的でなく、引き続き大きくなる可能性がある」と説明した。

すでに食卓物価は赤信号が灯っている。2日、統計庁国家統計ポータルによると、先月消費者物価は前年同月より3.7%上がった。全体消費者の物価上昇をリードしたのは4.6%が上がった生活物価だ。生活物価指数は家計消費で多くの割合を占める品目に限って構成され、食卓物価、または体感物価と呼ばれる。特に、外食物価は4.8%が上がった。2011年9月(4.8%)以降最大上昇幅だ。調査対象40個の中で39個の外食品目の価格が上がった。

関連記事

[ 2022年01月04日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
この記事は、値上げを報じているものの、売上げは確認していない。
値上げがあっても、消費者がそれを買わなければ、物価上昇に寄与しない。
[ 2022/01/05 10:32 ] [ 編集 ]
なにしろカップ麺
韓国のファストフードの最終場面はカップ麺にいきつく。
人口1人当たりの即席麺消費量は、韓国が80.6食で世界一。
(日本人は、その半分くらい食べている)
これは2020年の数字。

いまでも、世界ラーメン協会(WINA)会長は日清食品社長。
なにしろ、即席めんの創始国だから。

世界ラーメン協会
https://instantnoodles.org
[ 2022/01/05 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp