韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  新型コロナの余波で1号店まで…KFCもユニクロも相次ぎ閉店

新型コロナの余波で1号店まで…KFCもユニクロも相次ぎ閉店

3日午前に訪れたソウル・鍾路区(チョンノグ)のKFC鍾路店は撤去の真っ最中だった。前日最後の営業を終えすでに看板をはじめ店内の什器もすべて片付けた状態だった。KFC鍾路店は米国のファーストフードブランドであるケンタッキーフライドチキンの韓国1号店だ。1984年のオープン当時は大学生の間でデートスポットとして人気だった。ドラマ『応答せよ1994』で大学生の主人公が合コンした場所もここだ。

先月23日にはホームプラス1号店であるホームプラス大邱(テグ)店が最後の営業を終えた。97年9月のオープンから24年で閉店したのだ。ホームプラス関係者は「ホームプラス初の店舗という象徴性があり営業を維持するための多様な案を考えたが新型コロナウイルスの余波で赤字幅が大きくなりこれ以上は耐えがたい状況になった」と話した。

新型コロナウイルスの余波に「1号店」が相次いで閉店している。外食ブランドをはじめ大型スーパーやビューティショップまで閉店が続いている。複数の店舗を運営するフランチャイズの立場では1号店は象徴的な意味がある。だが新型コロナ流行が長期化して赤字に耐えられなくなり結局閉店に追い込まれた。

スポンサードリンク
外食ブランドだけでない。昨年10月にユニクロは韓国初の店舗である蚕室(チャムシル)店を閉店した。2005年のオープンから16年ぶりだ。世界最大の化粧品セレクトショップのセフォラも2日に韓国進出から2年で明洞(ミョンドン)店を閉店した。

主要ブランドの1号店または旗艦店の閉店は新型コロナウイルスが直撃弾となった。非対面文化の拡散、デリバリーや通販の拡大で実店舗を訪れる需要が急激に減ったためだ。実店舗を訪れる消費者もロードショップの代わりに百貨店に集まる。KFCコリアの昨年の売り上げは1974億ウォンで、新型コロナウイルス発生前の2019年より5.9%減少した。営業利益は1年で80.3%減り7億7000万ウォンにとどまった。
https://japanese.joins.com/JArticle/286293?servcode=300§code=300

2022-01-04-k005.jpg

韓国の新型コロナウイルス重症者が1日で過去最多値を更新した。新規感染者も過去2番目に多い規模で発生しており、政府は段階的な日常回復を中断し、従来の「社会的距離の確保」体系に転換した。昨年12月16日中央防疫対策本部によると、きょう午前0時基準の重症者は989人で過去最多値を記録した。これまでの過去最多値だった15日(発表日基準)の964人を1日で更新したことになる。新規感染者も7622人を記録し、過去2番目の多さとなった。

政府はこれにより、18日から私的集まりの人数基準を4人までに制限し、食堂・カフェなどの営業時間を午後9時に制限する、従来の「社会的距離の確保」体系に転換することにした。重症者は989人を記録し、1000人に迫っている。これは先週の新規感染者が7000人台に急増した余波とみられる。この流れを考慮すると、過去最多の新規感染者を記録した今週の余波は新年の重症者の急増につながる可能性が高い。

関連記事

[ 2022年01月04日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ザッツ・ザ・コロナ
中央日報はきちんと分析しているが、どうしても、
因果関係をコロナウィルスにもっていきたいようだ。
コロナがなくても、デリバリーや通販拡大トレンドだった。
コロナの影響がそれほど大きいなら、小売業界は
再起不能だろう。

>閉店は新型コロナウイルスが直撃弾となった。
>非対面文化の拡散、デリバリーや通販の拡大で
>実店舗を訪れる需要が急激に減ったためだ。
[ 2022/01/04 13:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp