韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済自由区域への海外直接投資 昨年43%増

韓国経済自由区域への海外直接投資 昨年43%増

韓国産業通商資源部は4日、2021年の経済自由区域への海外直接投資(FDI、申告額ベース)は前年比42.8%増の13億1000万ドル(約1512億円)、実行ベースでは126.0%増の8億4000万ドルだったと発表した。ここ3年では最大となる。

これにより、03年に経済自由区域制度が導入されて以降の申告額ベースのFDIは累計205億ドルと、200億ドルを突破した。 産業通商資源部は「経済自由区域の開発が成熟段階に入り、米中貿易摩擦でグローバル・バリューチェーン(国際的な価値の連鎖)が再編されて海外直接投資の条件が悪化する中で意味のある成果だ」と評価した。 また、新産業と知識サービス産業を中心に経済自由区域の中核戦略産業を選定し、投資誘致力を強化した結果、医薬・新素材など新産業分野やリゾート・研究開発(R&D)などサービス分野の海外投資流入が大幅に増え、経済自由区域の活性化と競争力強化に寄与したと説明した。

昨年のFDIの実績を国・地域別にみると、欧州連合(EU)が40.8%、中華圏が31.6%、北米が10.6%、フィリピンが10.0%、日本が6.0%を占めた。

スポンサードリンク
産業通商資源部の安城逸(アン・ソンイル)経済自由区域企画団長は「新型コロナウイルスの感染拡大という困難な条件の中でも、経済自由区域が優れた海外投資誘致実績を達成した」とし、「各経済自由区域庁が立案した発展計画を基に、地域別の中核戦略産業を中心とする革新エコシステムの構築と投資誘致の活性化を支援していく」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/743af0ae1322f49ae5b2964702d17e6a33527963

2022-01-05-k001.jpg

昨年のFDI実績の詳細を見ると、対象別ではグリーンフィールド型投資、業種別ではサービス業への投資、国別では欧州連合(EU)・中華圏・フィリピン発の投資拡大が目立つ。 グリーンフィールド投資は、事業場の新増悪を伴う形で規模は12億8000万ドル、全体では98%を占めた。韓国全体の外国人投資誘致実績でグリーンフィールド型の比重が約60%である点を考慮すれば、非常に高い水準tとなる。グリーンフィールド型投資は、雇用創出と地域発展への貢献度が高い。

業種別では、製造業が医薬・金属分野を中心に前年比19.2%増の5億2000万ドル。サービス業はリゾート開発・物流・研究開発(R&D)分野などで64.7%増の7億8000万ドルで、このうち、新産業の割合は製造業の85%、サービス業の54%。 国別の割合はEUが40.8%、中華圏が31.6%、北米が10.6%、フィリピンが10.0%、日本は6.0%の順だった。EUは医薬・リゾート開発・物流、中華圏は医薬・物流・金属、北米は医薬・物流・二次電池、フィリピンはリゾート開発を中心に韓国経済自由区域にそれぞれ投資した。

関連記事

[ 2022年01月05日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp