韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星、ギャラクシーS21の「ファンエディション」を披露

三星、ギャラクシーS21の「ファンエディション」を披露

三星(サムスン)電子が、「ファン(Fan)」が好む機能を集めた新しいスマートフォン、「ギャラクシーS21FE」を公開した。「FE」とは、「ファンエディション」(Fan Edition)の略字で、スマートフォンやタブレットPCなどの最上位フラッグシップモデルのうち、コア機能のみ集めて価格を下げた別の製品群だ。

3日(現地時間)に米ラスベガスで公開した「ギャラクシーS21FE」のデザインは、ギャラクシーS21シリーズと似ている。前面には、6.4インチのダイナミックアモレード(能動型有機発光ダイオード・AMOLED)ディスプレイを搭載した。前面カメラは、画面上部の中央に穴をあけたパンチホールの形。ディスプレイの走査率(1秒で表す画面数)は120Hzで、上下にメニューを動かしたり、映像を見る時に滑らかに画面の切り替えができる。背面は、背面カメラの突出部と背面全体が滑らかに繋がっている。

アプリケーション・プロセッサ(AP)は、ギャラクシーS21シリーズと同じ部品が採用された。厚さは7.9ミリでギャラクシーS21と同じであり、バッテリー容量は4500mAh(1時間当たりのミリアンペア)で、ギャラクシーS21プラス(4800mAh)より小さい。ワイヤレス充電や防水防塵機能もある。前面と背面カメラで前後の映像を同時に録画する「デュアルレコーディング」機能も使うことができる。メモリ容量によって、6GBと8GBモデルで構成されており、保存容量はそれぞれ128GBと256GBとなっている。価格は、6GBメモリ基準で699ドル(約84万ウォン)だ。

スポンサードリンク
三星電子は11日、ギャラクシーS21FEを世界100カ国あまりで発売する。前作の「ギャラクシーS20FE」と違い、販売国からひとまず韓国は除外された。三星電子は、市場の反応を見極めながら、韓国内で発売するかどうかも検討する計画だ。業界では、来月に次期フラッグシップ・スマートフォン「ギャラクシーS22」シリーズの発売が予定されているだけに、FEモデルの新製品の国内での販売の可能性は低いとみている。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220105/3126283/1

2022-01-05-k002.jpg

リーカーのRoland Quandt氏がTwitterに、Galaxy S21 FEの米国モデルに関する情報を投稿した。同氏によれば、Galaxy S21 FEの米国モデルの販売価格は699ドル(約78,500円)〜になるようだ。699ドル(約78,500円)〜というGalaxy S21 FEの販売価格は、米国においてGalaxy S21よりたった100ドル(約11,200円)安いだけとWccftechは指摘している。

半導体不足により製造数が少なく、販売地域が限られると噂のGalaxy S21 FEだが、米国に加えインドでも販売されるとGSMArenaが伝えている。インドは優先出荷地域に設定されているようで、発表直後の2021年1月中に発売されるようだ。

関連記事

[ 2022年01月05日 09:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
要らね。
[ 2022/01/05 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp