韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  双竜自動車買収好材料で「株式売り逃げ」疑惑…韓国取引所、エジソンEVを注視

双竜自動車買収好材料で「株式売り逃げ」疑惑…韓国取引所、エジソンEVを注視

韓国取引所がエジソンEV(旧セミシスコ)の不公正取引行為について確認を進めていると4日に明らかにした。エジソンEVは双竜自動車買収を推進するエジソンモーターズの関連会社で、株価急騰時に大株主が株式を処分して議論が起きている。

取引所関係者は「エジソンEVは双竜自動車買収が話題になった時から株価が大幅に動いており集中的にチェックしている銘柄。特に投資組合は投資主体がはっきりせず不透明で、(不公正取引行為に)多く使われる手法であることから鋭意注視している」と明らかにした。 続けて「容疑が固まれば金融監督院に通知するだろう」と付け加えた。

エジソンEVはエジソンモーターズが昨年双竜自動車買収を推進したことで株価が急騰した。同社の株価は昨年5月中旬まで6000ウォン台(修正株価適用)にすぎなかったが、エジソンモーターズの双竜自動車買収説が出ると昨年6月の1カ月間で9230ウォンから4万700ウォンに340%以上急騰した。

スポンサードリンク
株価が急騰していた昨年5~7月にDMH、SLH、ノマドIB、アイムホールディングス、スターライトの投資組合5カ所が既存の筆頭株主が保有していたエジソンEVの株式を取得し、数カ月後に処分した。この日エジソンEVの株価は前日より18.56%(4250ウォン)下落の1万8650ウォンで取引を終えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/286341?servcode=300§code=310

2022-01-05-k003.jpg

双竜自動車買収を推進するエジソンモーターズの関連会社であるエジソンEV(旧セミシスコ)の大株主の株式処分が問題視されている。昨年5月にエジソンEVの既存の筆頭株主の株式を買い取った投資組合の持ち分率が最近大きく減ったためだ。資本市場参加者の間では「株価急騰に乗じて大株主が株式を売り逃げしたのではないのか」という疑惑まで出ている。

エジソンEVはエジソンモーターズの筆頭株主であるエナジーソリューションズが昨年6月に買収したKOSDAQ上場企業で、エジソンモーターズの双竜自動車買収資金窓口として活用された。エジソンEVは昨年9~11月に500億ウォンを投資してエジソンモーターズの株式11.21%(83万株)を確保した。 金融監督院電子公示と証券業界によると、DMHなど6つの投資組合は昨年5~7月に314億ウォンを投じて既存の筆頭株主(イ・スンジョン前代表と特殊関係人5人)が持つエジソンEV株213万株を取得した。ところがこのうち持ち分率5%以上だった投資組合5カ所のエジソンEV持ち分率の合計が昨年5月末の34.8%から同年8月には11%に低下した。

持ち分率が最も高かったDMHがこの期間に9.45%から0.96%に減り、5.49%を持つアイムホールディングスは0%になった。資本市場法上、上場企業の持ち分率が5%未満であれば公示義務がないため昨年8月以降の持ち分率推移はわからないが、残り持ち分も整理したと思われる。 金融投資業界関係者は、最近5つの組合の持ち分率が0%で、保有株式をすべて売ったという話を聞いたと話している。双竜自動車の買収推進などを好材料で株価が上昇した昨年8月以降に差益実現に出たという。

関連記事

[ 2022年01月05日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp