韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  インドネシア石炭輸出禁止の韓国への影響は限定的

インドネシア石炭輸出禁止の韓国への影響は限定的

インドネシアが今月中に施行することにした石炭輸出禁止の措置について、韓国政府は「韓国産業界と電力需給に及ぼす影響は限定的だ」と明らかにした。 産業通商資源部(産資部)は3日、「エネルギーと資源需給管理タスクフォース(TF)の緊急会議」を開き、インドネシアの石炭輸出禁止措置による韓国内エネルギーや電力需給の動向について点検し、このように明らかにした。

インドネシア政府は昨年12月末、自国内の発電用石炭の在庫不足を受け、今月1~31日に有煙炭の輸出禁止措置に踏み切った。今月5日まで、全ての石炭を自国の発電所に供給後、石炭の在庫を確認して輸出を再開するかどうかを検討する予定だ。韓国の昨年の石炭の年平均輸入割合は、オーストラリア(49%)、インドネシア(20%)、ロシア(11%)の順だ。

韓国政府は、今月の輸入予定物量の一部は到着が遅れるかもしれないが、韓国国内全体のエネルギー需給に及ぼす影響は微々たるものだと見ている。1月入庫物量の55%は、既に船積みと出航を終えている。国内発電会社各社が事前に確保しておいた石炭の在庫が十分であり、オーストラリアなどほかの国々からは正常に輸入が行われているというのが政府の説明だ。 有煙炭は、火力発電所や製鉄所などで主に産業用として使われる鉱物だ。一部の庶民が暖房用などに使う石炭は無煙炭で、豪州産やロシア産、韓国産などが使われる。

スポンサードリンク
専門家らは、今年、石炭輸出国がこのような動きを強化すれば、長期的に電力や鉄鋼などの産業に影響を及ぼすものと見ている。仁荷(インハ)大学エネルギー資源工学科のカン・チョング教授は、「今年上半期(1~6月)まで輸出制限措置が続く可能性があるだけに、徹底した備えが必要だ」と指摘した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220104/3123934/1

2022-01-06-k003.jpg

インドネシアが新年明けに石炭輸出を全面禁止し、韓国の冬季電力需給に懸念が高まっている。インドネシアは昨年の韓国の石炭輸入の約20%を占めており、オーストラリア(49%)に次いで第2位の輸入国となる。インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は今月1日、発電用一般炭の輸出を今月末まで禁止すると発表した。自国内の発電所で確保している石炭の在庫が不足していることから、冬季の電力需給に懸念が出ているためだ。

インドネシア政府は5日まで全ての石炭を発電所に供給して在庫規模を把握した上で、輸出再開の可否を段階的に検討する方針。韓国産業通商資源部関係者は、「インドネシアの内需供給価格は1トン当たり70ドル(約8100円)の上限があるが、輸出は1トン当たり90-100ドル(約1万-1万1500円)なので、現地の石炭関連会社は輸出を好む」「このため、自国の在庫が減って、輸出禁止措置を下したと見られる」と話している。

韓国産業通商資源部は、「今年1月の輸入量の55%が既に船積み、あるいは出港しており、韓国に通常通りに入ってくる予定で、短期的な影響は限られている」とした。しかし、輸出禁止措置が3-4週以上長引けば、冬の寒さもあって状況が変わる恐れがあると伝えている。

関連記事

[ 2022年01月06日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp