韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタ、90年間君臨したGM抜き米で販売首位

トヨタ、90年間君臨したGM抜き米で販売首位

トヨタ自動車が昨年、米自動車市場で1931年から90年間にわたって首位を守ってきたゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、販売台数でトップに立った。現代・起亜自動車は初めて5位に入った。 4日の海外メディアによると、トヨタは昨年、米国で233万2000台を販売。GM(221万8000台)を上回った。GMは前年比で販売台数が13%減少したのに対し、トヨタは10%増加した。

現代・起亜自は21.6%増の148万9118台を販売し、ホンダ(146万台)を抜き、トヨタとビッグスリー(GM、フォード、ステランティス)に次ぐ5位となり、米国市場でのシェアは過去最高の9.9%だった。1986年に米国市場に進出した現代自動車は輸出開始から35年、現地生産開始から16年目となる。 米国での自動車販売実績は昨年1年間にわたり業界を苦しめた半導体供給不足にどれだけうまく対処したかで左右された。トヨタと現代自グループがサプライチェーン崩壊で工場閉鎖に追い込まれた過去の経験を踏まえ、今回の半導体供給不足を無難に乗り切ったことが決定的な差を生んだ。

トヨタは2011年の東日本大震災とタイ大洪水の教訓から主要部品1500種類を選び出し、2次・3次下請け業者の情報までモニタリングするサプライチェーン早期警報システムを導入した。現代自は2020年、コロナ流行初期に中国製のワイヤーハーネスの供給が途絶え、工場の稼働停止に追い込まれたことを受け、サプライチェーンの管理体制を見直し、在庫を増やした。自動車業界関係者は「昨年米国では自動車購入需要が急増し、どこが先に供給できるかで業績が分かれた」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/06/2022010680002.html

スポンサードリンク
北米トヨタが4日発表した、2021年の1年間にアメリカで販売した新車の数は、前の年より10.4%多い、233万2,262台で、GM(ゼネラルモーターズ)を上回り、全米でトップとなった。アメリカで、外国の自動車メーカーが販売台数トップとなるのは初めてで、GMは1931年以来、90年ぶりに首位を明け渡した。アメリカメディアは、世界的な半導体不足の中、トヨタは東日本大震災を経験し、より多くの部品を確保していたため、サプライチェーンの差が、トヨタの勝因になったと分析している。

2022-01-06-k005.jpg

ロイター通信によると、GMは1931年にフォードを抜いて以降90年間、一貫して米国で販売トップを続けてきた。今年は半導体不足の影響で9月に北米の半分の工場で生産を休止するなど大規模な減産に追い込まれた。21年の販売は20年比13%減となった。トヨタも北米で月間数万台規模の減産が続くが、生産車種の見直しと小まめな生産調整によって工場の長期休止を回避している。GMは足元で半導体不足が緩和し、徐々に生産ペースを上げている。半導体の供給が回復に向かえば、22年は米国市場で首位に返り咲く公算が大きい。

関連記事

[ 2022年01月06日 08:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
押し出されて先頭
自動車市場がタマ不足で、作っただけ売れる情勢、
比較的生産を維持したトヨタが、押し出されて先頭、
ということでしょう。自動車業界では、かつてなかった
異常な市場情勢のようだ。
メディアがEV、EVと騒いでいるなかで逆モーション。
[ 2022/01/06 11:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp