韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  日本経済 >  CES2022でソニーのEV

CES2022でソニーのEV

5日(現地時間)午前、米国ネバダ州にあるラスベガス・コンベンション・センター内のセントラルホールに入ると、観覧客20人余りが集まっていた。彼らがスマートフォンのカメラを手に取り囲んでいたのは、日本の電子メーカー、ソニーが展示した電気自動車(EV)だ。

ソニーのEVは、ここで開かれた世界最大の電子・情報技術(IT)博覧会「2022CES」で最大関心事の一つに浮上した。前日、ソニーの吉田憲一郎会長が記者会見を開き、「今春『ソニーモビリティ』を設立し、EV市場に参入する」と発表したからだ。 同日のソニーのブースで披露されたEVのコンセプトカーは2台だった。前方のソナタほどの長さの乗用車「ビジョン-S01」は、2年前のCESで先に公開された車だ。その隣にある電気スポーツユーティリティー車(SUV)「ビジョン-S02」が、今回新しくベールを脱いだ新車だ。

ソニーのEVは何が違うのだろうか。まず、ソニーの家電製品に似た滑らかなシルバーの外観が目を引く。車室内は動くテレビと言ってもいいほどだ。自動車の前方に3つの大型画面が並び、サイドミラーの代わりにカメラと車室内の小型画面が取り付けられている。特に、前の座席の真ん中にソニーのゲーム機「プレイステーション」のコントローラーが置かれているのが目につく。

スポンサードリンク
ソニー人工知能(AI)ロボティクス事業部副部門長(ビジョン-S室部長)の矢部雄平氏は同日、本紙の取材に対し「ソニーのEVが他社の車より強みを持つ3点は、安全と適応性(adaptability)、そしてエンターテインメント」だと強調した。ソニーが作った40の高性能センサーを取り付け、車の周辺認識能力と安全性を高め、個別消費者に合わせた利用環境と音楽、ビデオ、ゲームのサービスなどを車に連結させるというのだ。

ソニーの宣言は、未来の自動車がどのように変わるかを示す一つの場面だ。EV時代に本格的に入ってから現れる最も目立った特徴は、産業間の境界が緩くなることだ。EVは内燃機関車より構造が単純なため、市場参入の壁がかつてほど高くない。矢部部長も「車をどういう方式で生産するかは決めていないが、方法は多い」と述べた。他の専門企業に生産を委託するなど、分業がいくらでも可能だという話だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42213.html

2022-01-08-k001.jpg

現在ラス・ヴェガスで開催中の「CES 2022」にて、ソニーが電気自動車を売る「ソニーモビリティ株式会社」を立ち上げることが発表されました。AI・ロボティクス技術を最大限に活用し、犬型ロボの「aibo」やドローンの「Airpeak」、そしてEVの市場投入により新たな価値を生み出すとしている。発表の場では、2年前のCESでデビューした試作車「VISION-S」の新型「VISION-S 02」がステージに登場し、会場を沸かせた。

「VISION-S 02」は7人乗りのSUVとなり、イメージセンサーで世界的なシェアを持つソニーならではの、CMOSイメージセンサーやLiDARなどを40種、車内外に搭載しています。さらにADAS(先進運転支援システム)Level 2+の運転アシストができるよう、現在はヨーロッパで検証を行っている。他にもジェスチャーや音声での指示に対応できるようになり、ディスプレイのテーマを変更したり、加減速音の設定など細かい機能を好みのものに変えられるようになるとのこと。

スマホで培った技術を応用し、遠隔運転もできる5G通信やクラウド連携、ネットを介したアップデートなども可能で、車内で360度の立体音響が楽しめ、自宅のプレイステーションとリモート接続してゲームもプレイできるなど、移動中はクルマがエンターテインメント空間になるよう開発を進めているという。

関連記事

[ 2022年01月08日 08:16 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp