韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、国民3人に1人は社会的孤立

韓国、国民3人に1人は社会的孤立

韓国の国民3人のうち1人は孤立状態であることが分かった。統計庁によると、昨年の社会的孤立度は34.1%で過去最高だった。2年周期で調査が実施されるが、2019年(27.7%)に比べ6.4ポイント上昇した。社会的孤立度は人的・経済的・精神的な助けを求めるところがない人の比率を表す指標。新型コロナによる社会的距離の長期化が単身世帯、高齢層の増加と重なり、孤立の程度が高まった。

昨年、健康が深刻に悪化しても家のことを頼める人がいないという人の比率は27.2%にのぼった。落ち込んでいる時に話をする相手がいないという回答者も20.4%だった。共に関連調査を開始した2009年以降の最高値だ。女性より男性が、年齢が高いほど、助けを求めるところがないという人が多かった。50代は37.1%が、60歳以上では41.6%が社会的孤立状態だった。

昨年の団体参加率は35.8%で過去最低となり、2年前(66.1%)と比較して30.3ポイントも落ちた。年齢別にみると60歳以上の団体参加率が最も低く、次いで30代だった。30代は経済・社会活動が最も活発な年齢帯だが、集団に属していない比率が66%にのぼる。

スポンサードリンク
婚姻率が低下し、30代の単身世帯が増え、職場内の交流も減少した影響と分析される。ソウル市立大のキム・ジュヨン都市社会学科教授は「社会的な交流があるかないかで幸福感と心配の水準、憂鬱感に差がある」とし「高齢層の増加と孤立の問題に社会的な支援が求められる」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/286491?servcode=400§code=400

2022-01-09-k002.jpg

新型コロナウイルス感染症が流行した昨年、韓国の成人の5人に1人が「寂しい」と感じたことが10日、分かった。社会から孤立した男性であるほど、人生の満足度は低かった。統計庁がこの日発表した「2021年社会動向」資料によると、昨年に満19歳以上の成人のうち「寂しい」と感じた人の割合は22.3%で、前年比1.8ポイント上昇した。 性別では男性(21.2%)より女性(23.4%)の割合が高かった。

年齢別では70代以上の高齢者で寂しいと感じた割合が30%を超え、最も高かった。 困窮した時に経済的な助けを求めることができる相手が1人もいないと答えた人は27.4%で、1年の間に10.5ポイント急増した。 経済的・物理的・精神的に助けを得られる相手が全くいないと答えた人(4.2%)も前年に比べ増加した。このほか、同窓会や同好会など社会団体活動を行っていない人は53.6%、家族を含む誰とも全く交流がない人は2.2%と集計され、なかでも20代で前年比の増加幅が大きかった。

関連記事

[ 2022年01月09日 08:53 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
日本も他人事ではない
韓国の実情を訴えている記事だが日本も他人事ではない。
数値的な差はあっても日本男性の一人住まいの老人は寂しい思いをして居る人が多い。
孤独死も増えて来ている様だ。
[ 2022/01/09 09:09 ] [ 編集 ]
50が予備軍
>婚姻率が低下し、30代の単身世帯が増え
>高齢層の増加と孤立の問題

よくわからないのは、他人との連携をとらないで
個人生活が成立すること。まず、働いていないのか?
親が扶養しているニートなら分かる。
日本では、いわゆる80-50問題の50が予備軍。
[ 2022/01/09 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp