韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  LG電子、IBMと量子コンピューティング技術開発で協力

LG電子、IBMと量子コンピューティング技術開発で協力

LG電子は10日、米IBMと量子コンピューティング技術の開発に向け、協力することにしたと発表した。量子コンピューティングとは、従来のコンピューターより演算速度を引き上げ、従来は解決できなかった領域の問題を迅速に処理できる技術といわれている。

LG電子は、IBMが企業や研究所など約170の会員企業と結成した量子コンピューティング発展協力体「IBM量子ネットワーク」に加わった。同ネットワークのメンバー社は、IBMが提供する量子コンピューティングシステムを含め、量子ソフトウェアの開発ツールを利用できる。LG電子はこれを通じて、人工知能(AI)やコネクテッドカー、ビッグデータなどに採用可能な量子コンピューティングの開発に乗り出す方針だ。

IBMの量子コンピューティングシステムを活用したアプリケーションの開発にも乗り出す。このため、IBMから量子コンピューティング技術教育の支援を受け、IBMが行うカンファレンスやフォーラムなどに参加する計画だ。IBM側は、「未来のコア技術に関する新しい分野を研究する上で、LG電子と協力する」と明らかにした。LG電子の関係者は、「オープンイノベーション戦略を基に、量子コンピューティング技術を未来事業に活用して、顧客がこれまで経験したことのない価値を提供したい」と話した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220111/3138358/1

スポンサードリンク
IBMは米国時間1月10日、「IBM Quantum Network」にLGエレクトロニクスが参加したと発表した。両社はIoTからデータ、人工知能(AI)、ロボティクスに至るまで、量子コンピューティングのさまざまな応用分野を探求していく。LGエレクトロニクスは、IBMの量子コンピューティングシステムや専門家、オープンソースの量子情報ソフトウェア開発キット「Qiskit」にアクセスできるようになる。

2015-02-26-lg.jpg

LGエレクトロニクスの最高技術責任者(CTO)兼エグゼクティブバイスプレジデントであるByoung-Hoon Kim氏は、「われわれは当社のオープンイノベーション戦略に基づき、『IBM Quantum』を用いて、量子コンピューティング分野におけるコンピテンシーを培っていく計画だ」と述べている。 今後のビジネスで量子コンピューティングのテクノロジーを活用し、顧客がこれまでに経験したことのない価値を提供することを目指すとした。

LGエレクトロニクスは、AIやコネクテッドカー、デジタル変革、IoT、ロボティクスといった応用分野での高度なデータ処理ツールとしての量子コンピューティングの利用方法を模索する計画としている。

関連記事

[ 2022年01月12日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp