韓国経済ニュース

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済ニュース TOP  >  韓国経済 >  EU、現代重・大宇造船の合併不認可

EU、現代重・大宇造船の合併不認可

欧州連合(EU)が現代重工業と大宇造船海洋による合併を認めない方針を固めたもようだ。EUが企業結合を認可しなければ、両社の合併は頓挫する懸念が高まる。 英フィナンシャルタイムズは11日、EU競争当局が現代重工業と大宇造船海洋の企業結合を認可しない方針を固めたと報じた。先月のロイター通信に続き、EUが両社の合併を認めないとする海外メディアの報道が相次いでいる格好だ。EUは今週中にも最終結果を発表する見通しだ。

FTによると、EU競争当局は液化天然ガス(LNG)タンカー市場の独占・寡占を懸念し、両社の合併を認めない決定を下したという。両社が合併した場合、LNGタンカー市場でのシェアは60%に達する。EUは両社が合併後にLNGタンカーの価格を引き上げれば、A・P・モラー・マースク(デンマーク)やCMA CGM(フランス)など欧州の海運会社が被害を受けかねないと懸念してきた。

また、最近のエネルギー供給混乱で欧州でLNG価格が高騰しており、LNGタンカーの価格まで上昇すれば、欧州でのLNGの消費者価格が大幅に上昇しかねないことも不認可の重要な理由になったとみられる。

スポンサードリンク
現代重工業は大宇造船海洋の合併に向け、EU、中国、シンガポール、カザフスタン、日本、韓国に企業結合審査を申請し、中国、シンガポール、カザフスタンで認可を得たが、最大の関門であるEUの壁を超えられない状況となった。1カ国・地域でも認可が得られなければ合併は頓挫する。現代重工業関係者は「まだ決定の通知を受けていない。最終決定までEUによる無条件での認可に最善を尽くす」と述べた。

韓国公正取引委員会もEUの否定的な姿勢をある程度感じ取っている。公取委関係者は「EUが合併承認に否定的な状況であり、近く関連する発表を行うと聞いている」と話した。造船業界関係者は「EUが企業結合を承認しない場合、韓国と日本の競争当局による判断は無意味になる」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/12/2022011280002.html

2022-01-12-k002.jpg

欧州の独占禁止当局が、現代重工業による大宇造船海洋の買収を許可しない。昨年12月、ロイターの報道によると、欧州連合の欧州委員会(EC)は現代重工業による大宇造船海洋の買収に対して企業結合禁止命令を下す見込みとした。ロイターは、「(現代重工業と大宇造船海洋が)競争制限に対する懸念を払拭できる是正案を提示するのを拒否し、EUの『拒否権』行使を目前にしている」と報道している。

欧州を含む全世界の主な独占禁止当局は、特にLNG運搬船市場の独占・寡占の深化を懸念してきた。今回の企業結合が行われるとなると、既存の3強体制が2強体制に再編されることになる。この懸念を根本的に解消するためには、株式の売却など構造的な措置が含まれていなければならないが、現代重工業は構造的な措置は選択肢ではないという判断により、是正案を提出しないものと伝えられていた。

現代重工業は大宇造船海洋の合併に向け、EU、中国、シンガポール、カザフスタン、日本、韓国に企業結合審査を申請し、中国、シンガポール、カザフスタンで認可を得たが、最大の関門であるEUの壁は超えられなかった。

関連記事

[ 2022年01月12日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
今後一層需要が伸びるLNGの運搬船を1社に寡占させるのは危険だろうが、
欧米のどこかが大宇造船を買収する話が裏で進んでいるのではないか?
[ 2022/01/12 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp