韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国の家計負債、7カ月ぶりに減少

韓国の家計負債、7カ月ぶりに減少

恐ろしい勢いで増えていた銀行の家計融資残高が、非常に厳しい融資規制と政策金利の引き上げの影響で、先月は2000億ウォン(約193億円)減少した。今後の家計融資の変化は、金融当局の規制水準と住宅市場の状況にかかっていると韓国銀行(韓銀)は評価した。

韓銀が13日に発表した「2021年12月中の金融市場の動向」によると、昨年12月の銀行の家計融資残高は1060兆7000億ウォン(約102兆億円)で、1カ月前より2000億ウォン減少した。銀行の家計融資残高が前月より減ったのは、公募株の申し込みが殺到した昨年5月(-1兆6000億ウォン、約-1550億円)を除くと、2014年1月(-2兆2000億ウォン、約-2130億円)以来。特にコロナ禍で政策金利が過去最低(0.50%)へと引き下げられた2020年5月以降、銀行の家計融資残額は対前月比で10兆ウォン以上の増加例が4回あるほど、増加が著しかった。昨年12月の家計融資減少への転換は非常に異例だということだ。

ただし、家計融資の中でも住宅担保融資の残高は、増加幅は縮小したものの2兆ウォン(約1930億円)の増だった。韓銀金融市場局市場総括チームのパク・ソンジン次長は「住宅担保融資は伝貰(チョンセ。契約時に一定金額の保証金を賃貸人に支払い、月々の家賃は発生しない不動産賃貸方式)資金需要が残っているものの、住宅取引の鈍化、集団融資の減少などで増加幅が縮小した」とし「信用貸しなどのその他の融資は、銀行の信用貸し管理が続く中、融資金利の上昇、年末ボーナスの流入などで減少を示した」と述べた。

スポンサードリンク
銀行を含めた金融圏全体の家計融資は対前月比で増加したものの、その幅は大きく鈍化した。金融委員会がこの日発表した資料「2021年12月中の家計融資の動向(暫定)」によると、金融圏全体の家計融資の増加幅は前月(5兆9000億ウォン、約5700億円)を大きく下回る2000億ウォンだった。銀行の融資が難しくなったことでノンバンクに足を向ける「風船効果」が弱まったということだ。

今後も家計融資増加の鈍化が続くのか、さらに進んで減少するのかは未知数だ。韓銀は、今年の金融当局の融資管理の水準、政策金利の引き上げ幅、住宅市場の状況などを主な変数としてあげている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42274.html

2022-01-14-k002.jpg

韓国銀行が23日に発表した「2020年下半期金融安定報告書」によると、7-9月期の名目国内総生産(GDP)に対する民間信用(家計債務+企業債務)の割合は219.9%だった。昨年7-9月期(210.5%)より、実に9.4%ポイントも急増した。同期間、民間信用増加率(9.6%)が名目GDP増加率(5.0%)より高かった。債務が増える速度が経済規模が大きくなる速度より速かった。

主要国と比べても韓国の家計債務規模と増加速度は心配な水準だ。3月末基準で韓国の名目GDPに対する家計債務比率(104.9%)は名目GDP上位30カ国の家計債務平均(63.2%、2020年基準)を大きく上回っている。最近10年間、韓国の家計債務比率増加幅(31.7%ポイント)も主要国増加幅(6.9%ポイント)と格差が大きい。問題は、韓銀の基準金利引き上げにより貸出金利が上がり、各種資産価格が下落する調整時期が訪れた場合、急増した家計債務が経済全般を揺るがしかねない。

関連記事

[ 2022年01月14日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp