韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、ベンツの電気自動車にインフォテインメントシステムを供給

LG電子、ベンツの電気自動車にインフォテインメントシステムを供給

LG電子は12日、ドイツの自動車メーカー、メルセデスベンツAGに計器盤や中央ディスプレイ、補助席ディスプレイが全て繋がっているパノラマ・インフォテインメント・システムを供給したと発表した。

両社は、プレミアム電気自動車の2022年型EQSモデルに、共同開発したプラスチックオ-レッド(OLED、有機発光ダイオード)基盤の新型インフォテインメントシステムを搭載した。プラスチック・オールレッド・ディスプレイは自由に曲げることができるので、車両のダッシュボード全体を曲面型のパノラマ・スクリーンにすることも可能だ。

曲面のガラス成形や表面処理、ディスプレイの接合などにも、LGの最新技術が集約されている。タッチ基盤のインターフェイスや超高画質の解像度、薄いベゼルなども強みといわれている。製品の安全性も高めており、正面から衝突事故が起きても、計器盤の部品などによる搭乗者の頭部負傷を最小限に抑えることができるようにデザインした。

スポンサードリンク
昨年、LG電子は、メルセデスベンツAGの親会社であるダイムラーグループから最優秀協力企業に選ばれた。LG電子のウン・ソクヒョンVS事業本部長(専務)は、「顧客にこれまで経験したことのない価値を提供するために、新しいインフォテインメントシステムを開発した」とし、「差別化された技術力を基に、車両インフォテインメントの進んだ基準を絶えず提示していきたい」と述べた。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220113/3142807/1

2022-01-14-k003.jpg

LG電子のプラスチック有機発光ダイオード(P-OLED)インフォテインメントシステムが独メルセデスベンツAGの電気自動車に適用される。LG電子は12日、メルセデス・ベンツAGと共同開発したインフォテインメントシステムが「2022年型EQSモデル」に搭載されると明らかにした。 LG電子が供給するインフォテインメントシステムは、計器盤と中央情報ディスプレイや助手席ディスプレイなど、3つの画面が一つに統合された形態で構成された。

LG電子はP-OLEDディスプレイを採用し、ダッシュボード全体を曲面形態のパノラミックスクリーンで実現した。 P-OLEDは自由に曲げることができる特性があり、車両用ディスプレイに最も適した素材として認められている。視野角が広く画質に優れ、車内ではユーザーに多様な情報を提供し、エンターテイメント機能も提供可能となる。メルセデス・ベンツAG用のインフォテインメントシステムを実現する過程では、曲面のガラス成形と表面処理やディスプレイ接合など、いくつもの技術が集約されたと伝えている。

関連記事

[ 2022年01月14日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp