韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本製品は買わないがゴルフウエアは別…パーリーゲイツ、韓国市場で過去最高の売り上げ

日本製品は買わないがゴルフウエアは別…パーリーゲイツ、韓国市場で過去最高の売り上げ

カジュアルなデザインを掲げる日本のゴルフウエアブランドが韓国市場で急速に成長している。2019年7月に日本の輸出規制をきっかけとして起きた「日本製品不買運動」の影響で、日本のファッションブランドであるユニクロが店舗50カ所以上を閉鎖し、日本の化粧品ブランドDHCは今月、韓国から撤退したのとは対照的だ。

流通業界によると、日本のゴルフウエアブランド「セントアンドリュース」は韓国進出3年目の今年、過去最高の売り上げを記録する見通しだ。今年上半期だけで120億8090万ウォン(約11億3500万円)を売り上げ、昨年通年実績を上回った。昨年上半期の売り上げ(28億ウォン)と比べると4.2倍の伸びだ。セントアンドリュース関係者は「Tシャツ1枚が25万ウォンを超える高価格にもかかわらず、買い求める客が増え続けている」と話した。

2009年に韓国に進出した日本のゴルフウエアブランド「パーリーゲイツ」も今年、過去最高の売り上げが予想される。今年上半期だけで535億ウォンを売り上げ、前年同期に比べ24%以上成長した。パーリーゲイツのプレミアムブランドとして分離した「マスターバニーエディション」は今年上半期に前年比で2.6倍の92億8000万ウォンを売り上げた。

スポンサードリンク
韓国トレンド研究所のパク・ソンヒ責任研究員は「20-30代がゴルフに関心を持ち始め、機能性を強調してきたゴルフウエアとは異なり、楽で若く見えるゴルフウエアが人気を集めている。日本のゴルフウエアブランドはトレンドとデザインに重点を置いているのが特徴だ」と解説した。

韓国のゴルフウエア消費は20-30代が主導している。韓国レジャー産業研究所によると、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、ゴルフ人口は515万人となり、2017年に比べ33%増えた。ゴルフウエアの市場規模は昨年時点で5兆1000億ウォン台で、前年よりも約10%成長した。うち20-30代のゴルフウエア消費は全体の22%を占めるとされる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/29/2021092980012.html

2022-01-18-k005.jpg

日本のゴルフウェアブランドが、韓国のゴルフウェア市場で急速な成長を見せている。日本のゴルフウェアブランド「St ANDREWS」は、韓国進出3年目となる2021年、上半期だけで120億8090万ウォン(約11億3540万円)の売り上げを記録し、20年の年間売上高を上回った。

09年に韓国へ進出した同じく日本のゴルフウェアブランド「PEARLY GATES」も21年は過去最高の売上高となり、同ブランドのプレミアムブランドとして展開される「MASTER BUNNY EDITION」も21年上半期だけで92億8000万ウォン(約8億7217万円)の売り上げを記録した。

20~30代がゴルフに関心を持ち始めたことで、機能性を強調していた既存の物とは違い、着やすくて若く見えるゴルフウェアが人気を集めている。日本のゴルフウェアブランドは、トレンドやデザインに重点を置いているのが特徴だ。21年のゴルフウェア市場規模は5兆1000億ウォン(約4793億円)台で、前年よりも10%ほど増えた。消費者のうち20~30代が占める割合は、全体の22%となる。

関連記事

[ 2022年01月18日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp