韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  KOSPI、米国の金融引き締めの恐怖で1年1カ月ぶりに最低値

KOSPI、米国の金融引き締めの恐怖で1年1カ月ぶりに最低値

米国の金融引き締めへの懸念を受け、韓国総合株価指数(KOSPI)が1年1カ月ぶりの最低値を記録した。

KOSPIは21日、0.99%(28.39)安の2834.29で取引を終えた。これは2020年12月29日(2820.51)以来最も低い数値だ。機関投資家と外国人投資家が8647億ウォン(約825億8千万円)の売り越しを記録し、一時2810台に落ちる場面もあった。これに先立って、ニューヨーク証券市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が3.3%下落した影響で、SKハイニックスが4.8%急落するなど、時価総額上位10銘柄のうちサムスンバイオロジックスを除いた9銘柄が軒並み下落した。コスダック(KOSDAQ:店頭市場)指数は1.65%(15.85)安の942.85で取引を終え、下げ幅が一段と大きかった。ソウル外国為替市場でドルに対するウォンの相場は、1.6ウォン高ドル安の1ドル1194ウォン(約114円)で取引を終えた。

同日、台湾証券市場が1.75%、日本の日経平均株価が0.9%下落するなど、アジア証券市場もほとんど下落基調だった。米連邦準備制度(連準)が予想より早く、さらに多い金利引き上げなど早期の引き締めに乗り出すという見通しが投資心理を圧迫している。

スポンサードリンク
ニューヨーク証券市場では、ハイテク株の投げ売りが続いた。ナスダック(NASDAQ)指数は、取引開始直後に2%反発したが、取引終了直前に崩壊し、1.3%下落して取引を終えた。ウォール街の有名投資家ジェレミー・グランダムは米国株式市場を「スーパーバブル」状態と診断し、歴史的な株式市場崩壊が進んでいると警告した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42359.html

2022-01-22-k001.jpg

米株式相場が調整色を強めている。米連邦準備理事会(FRB)による金融正常化への警戒から、21日の米株式市場ではハイテク株中心に売りが広がった。ナスダック総合株価指数は週間で8%下げ、新型コロナウイルス下に入った直後に株式相場が急落した2020年3月以来の下落となった。ナスダック指数は同日、前日比で3%下げ、21年11月につけた過去最高値からの下落率は14%に達した。ダウ工業株30種平均は450ドル(1%)安の3万4265ドル、S&P500種株価指数は2%安で終えた。

個別株ではハイテク銘柄の大幅な下げが目立った。動画配信大手のネットフリックスは21日、前日比22%安と急落した。20日の取引終了後に発表した21年10~12月期決算では、加入者数の伸びが鈍化し投資家の失望を誘った。20日に24%下落したオンラインフィットネスのペロトン・インタラクティブなど、コロナ下での巣ごもり消費を追い風に急騰してきた銘柄に逆風が吹く。21日はアマゾン・ドット・コム(6%安)、マイクロソフト(2%安)など巨大テック株にも売りが波及した。

関連記事

[ 2022年01月22日 07:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp