韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国海洋水産部長官「CPTPP加盟のために日本水産物の輸入規制緩和を考慮しない」

韓国海洋水産部長官「CPTPP加盟のために日本水産物の輸入規制緩和を考慮しない」

海洋水産部の文成赫(ムン・ソンヒョク)長官が環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)への加盟と日本産水産物の規制緩和を結び付ける方針を考慮していないという立場を明らかにした。

文長官は20日、ソウル韓国プレスセンターのコシスセンターで開かれた「2022年海洋水産部主要政策外信記者懇談会」でCPTPP加盟のために日本産水産物の輸入規制を緩和する意向があるかとの日本メディアの質問にこのように答えた。文長官は「日本産水産物に対する輸入規制は国民の健康のための措置で、韓国政府はCPTPP加盟と結び付けて考えていない」と話した。

文長官は福島原発汚染水排出問題に対しては「客観的かつ科学的な検証が必要で、日本側の透明かつ具体的な情報提供が必要だ」とし、「海洋環境を共有する周辺国との十分な協議が必要だ」と強調した。
https://japanese.joins.com/JArticle/286982?servcode=200§code=200

スポンサードリンク
文成赫海洋水産部長官が、環太平洋経済パートナー協定(CPTPP)への加盟と日本産水産物規制緩和の連携はないと立場を表明した事で、日本政府にとっては韓国を切りやすくなっただろう。そもそも韓国の参加は必要がない。日本にとって競合する分野となる国だけでなく反日行為で我儘な国の参加を認める必要はない。

2022-01-22-k006.jpg

反日国であり、衰退し滅びる国に手を差し伸べる必要はない。中国経済も次第に衰えるだろうし、東アジアや特には南アジアを考慮した動きを見つつ、先読みで行動したいものだが…。

関連記事

[ 2022年01月22日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
おそらく韓国は、日本政府に内々に加入支持を打診していたのでしょう。
ところが、結局は日本政府から断られたとみられます。
韓国は、組立て輸出産業で稼ぐいまの経済構造のままCPTPPに加入できないと、
域内貿易で他国に負ける分野が出てくると試算されています。
[ 2022/01/22 21:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp