韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本車びいきの米国で現代自・起亜が最高賞6部門を席巻

日本車びいきの米国で現代自・起亜が最高賞6部門を席巻

韓国大手自動車メーカーの現代自動車と起亜の多くのモデルが米国市場で「顧客に最高の経済的価値を提供する車」のタイトルを占めた。昨年まで米国消費者は日本車を価値があると判断していたが、今回の調査では変化が見られた。

現代自動車グループは米国時事週刊誌「USニュース・アンド・ワールド・レポート(U.S. News & World Report)」が今月20日(現地時間)に発表した「2022最高の顧客価値賞(Best Cars for the Money Awards)」全11部門のうち現代自(5部門)・起亜(1部門)が合計6部門で受賞したと23日、明らかにした。現代自動車グループとしては歴代最多部門の受賞となる。 同賞は大きくスポーツ用多目的車(SUV)・ミニバン部門とセダン部門に分かれる。現代自は小型SUV〔コナ(Kona)〕と準中型SUV〔ツーソン(Tucson)〕、中型SUV〔サンタフェ(Santa Fe)〕部門で1位を獲得してSUV・ミニバン部門で注目を集めた。

特にコナがトップにランクインした小型SUV部門では現代自のベニュー(Venue)、起亜のセルトス(Seltos)が決戦に入った。現代自動車グループが米国で販売している車種が1~3位を占めた。延世(ヨンセ)大学機械工学科のチョン・グァンミン教授は「今まで米国市場で小型SUVは主に日本車が良い評価を受けてきた」とし「これまで価格に対して優れた性能(コストパフォーマンス)の側面で評価されてきた現代自が品質でも認められている雰囲気」と説明した。

スポンサードリンク
起亜が北米戦略モデルとして開発したテルライド(Telluride)は大型SUV部門で受賞を果たした。現代自パリセード(Palisade)と同クラスで、米国自動車専門雑誌「カー・アンド・ドライバー(Car and Driver)」から2020~22年3年連続「ベスト10」に選ばれた車種だ。現代自動車グループはミニバン(ホンダ「オデッセイ」)を抜いてSUV分野を席巻した。

エコカー部門でも頭角を現している。現代ツーソンハイブリッドはハイブリッド・電気SUV部門で1位にランクインした。トヨタRAV4ハイブリッド、ホンダCR-Vハイブリッドなど米国で人気がある車両をおさえた。ハイブリッド・電気セダン部門では現代自のエラントラ(Elantra)ハイブリッド(〔韓国内ではアバンテ(Avante)ハイブリッド〕が1位となった。
https://japanese.joins.com/JArticle/287011?servcode=300§code=320

hyundai-1.jpg

韓国・現代自動車の米国での販売台数が昨年73万8081台を記録し、前年比19%増加した。同社の米国販売法人(HMA)が4日(現地時間)、発表した。HMAのパーカー副社長は「2021年は現代にとって非常に成功的な1年だった。米市場で過去3番目の販売実績を上げた」と説明した。般向けの小売り販売が69万4349台で、過去最多を記録した。法人やレンタカー会社など大口顧客向けのフリート販売は24%減少したが、フリート販売が販売台数全体に占める割合は6%にすぎず、販売実績に与える影響は大きくなかった。

現代の子会社、起亜は米市場で年間販売台数が初めて70万台を突破した。同社の米国販売法人(KA)によると、昨年の販売台数は同20%増の70万1416台だった。現代自動車グループは1986年の米国進出以来、初めて米販売でホンダを抜いた。ホンダの21年の販売は前年比9%増の146万台だったとされる。

関連記事

[ 2022年01月24日 08:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
個人的には、自動車そのものより、現地販売店がどれだけの”顧客サービス”を付けたのかに興味がある。無理に過大な”付加価値”を付けて販売したのでなければいいのだけど。(韓国自動車メーカーは、米国で過去に何度もやらかして裁判で負けている。)
[ 2022/01/24 08:36 ] [ 編集 ]
だとしても、
火災を起こす車は要らねえ。
[ 2022/01/24 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp