韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  「1年に4万人ずつ就業減少」…韓国の製造業順位、インドに押され6位

「1年に4万人ずつ就業減少」…韓国の製造業順位、インドに押され6位

世界市場で「メイド・イン・コリア」の地位に赤信号が灯った。韓国の製造業の人材はますます減るのに対し海外法人を通じた人材雇用は急増する傾向だ。これとともに世界の製造業で韓国が占める割合もインドに逆転され6位に押し出された。

全国経済人連合会が23日に2015~2019年の5年間の製造業分野の国内雇用と海外法人の現地雇用現況を分析した結果だ。資料によると、国内雇用は5年前と比べ約18万人減った。これは韓国最大企業のサムスン電子と現代自動車の2020年の国内従業員数を合わせた規模だ。これに対し同じ期間の海外人材採用は42万6000人(29.4%)に急増した。

全経連が中国、米国、日本、ドイツ、韓国、インドの6大製造国のこの5年間の製造業の雇用・生産現況などを分析した結果、日独米の3カ国は製造業就業者数が増加したのに対し、韓国は18万人(3.9%)、中国は1388万人(6.1%)減少した。日独米の製造業就業者数が増えた理由は2008年の金融危機後に製造業基盤強化、自国企業のリショアリング(国内回帰)政策を推進した結果とみられる。

スポンサードリンク
全経連は「韓国の場合、船舶受注急減にともなう造船業種の構造調整と自動車業種の構造調整が製造業の就業者数が減少するのに大きな影響を及ぼした」と分析した。実際に雇用労働部の雇用保険加入者統計によると、2020年1月には造船業種が含まれるその他運送装備の就業者数は2016年1月と比べ7万4000人、自動車業種は1万4000万人減った。

これに対し韓国企業の海外人材雇用は急増した。全経連によると韓国企業が2019年までの5年間に海外法人を通じて雇用した人材規模は42万6000人(29.4%)に達した。国内製造業就業者数が大幅に減った中国の場合も海外法人(製造業含む全業種)の現地雇用人材が104万1000人(85%)と大きく膨らんだ。これは米国が1万人(0.2%)、日本が21万6000人(4.9%)減少したのと比較すると大幅な増加傾向だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/287009?servcode=300§code=320

2022-01-24-k002.jpg

中央日報は、世界の製造業に占める韓国の地位も縮小した。世界の製造業での生産割合は2019年基準で過去5年間に中国が2.1ポイント、インドが0.4ポイント増加したのに対し、米国が0.6ポイント、ドイツが0.3ポイント、韓国が0.2ポイント下落した。その結果、世界の製造業で順位5位だった韓国はインドに逆転され6位に押し出されたと報じている。

韓国の就業者全体に占める中小企業就業者の割合が、2004年に統計を取り始めて以降、初めて90%以下に下がった。逆に大企業就業者の割合は、17年を経て初めて10%を超えた。新型コロナの影響で中小企業就業者は減り、大企業就業者は増えるという二極化現象が現れたものとみられる。 一方の造船業は公的資金投入で受注は伸ばしたが、賃金と労働時間が不釣り合いと言う理由で、労働者の減少が加速している。

関連記事

[ 2022年01月24日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
工場も人も海外へ
海外移転、雇用減少、このトレンドが続くから
韓国の全経連は存在価値がなくなる。

実際のところ、4年前には、
若者の日本での就職、韓国政府が支援に乗り出す
JETRO 2018年06月28日
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/c22a61134d7a9ba9.html
[ 2022/01/24 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp