韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、米国特許取得件数でIBMに続き2位…LGは8位

サムスン電子、米国特許取得件数でIBMに続き2位…LGは8位

サムスン電子が昨年、世界の企業のうち米国で2番目に多くの特許を取得したことが分かった。 米国の特許専門調査会社IFI CLAIMSが15日に発表したところによると、「2021年米国特許取得トップ50(2021 Top 50 US Patent Assignees)」と題するランキングで、サムスン電子は昨年6366件の特許を取得したという。

サムスン電子は、IFI CLAIMSが米国の特許取得情報を分析してデータを発表するようになった2011年から昨年まで、10年連続で2位を記録した。また、米国特許商標庁(USPTO)の資料を基準にすると、サムスン電子は2006年から昨年まで、16年連続で米国国内での特許取得2位をキープしている。

昨年米国で最も多くの特許を取得した企業はIBM(8682件)だ。IBMは28年連続で米国国内における特許取得1位の座を守っている。 IBMとサムスン電子に続いてキヤノン(3021件)、TSMC(2798件)、ファーウェイ(2770件)がトップ5入りを果たし、インテル(2615件)、アップル(2541件)、LG電子(2487件)、マイクロソフト(2418件)、クアルコム(2149件)などがトップ10に名を連ねた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/24/2022012480195.html

スポンサードリンク
特許は、企業や人々の進歩を測る指標となるものであり、将来の収益につながることを期待し、自分たちの仕事を守るための堀を築く重要な礎石となる。米国の特許活動を追跡調査している企業、IFI Claimsは、米国時間1月14日、知的財産に関する実績の年間集計を発表し、その意義を再確認した。それによれば、2019年には、米国特許商標庁によって認可された特許の件数は、33万3530件という最高記録を達成した。

2022-01-25-k006.jpg

しかし特許の件数だけでは、別の非常に重要な点を見逃してしまう可能性があり、全体像は見えてこない。というのも、世界で最も金銭的な価値が高く、最も知名度の高いハイテク企業が、特許の出願に関しては、常に最高ランクに位置しているわけではないからだ。すべての有効な「特許ファミリー」を考慮し、歴代のすべての特許をカウントすると、サムスンが1位にランクされる…。とはいえ、質の高い特許なのかと言う部分では考える必要があるが…。

関連記事

[ 2022年01月25日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp