韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の成長率、ここ11年で最高、今年は乗り越るべき難題も山積

韓国の成長率、ここ11年で最高、今年は乗り越るべき難題も山積

昨年、韓国経済は4%成長した。ここ11年で最高の値だ。新型コロナウイルス禍という未曾有の災厄の中でも政府、企業、家計などの経済主体が骨身を削る努力をしてきた結果だ。ただしこの2年間の平均成長率は、コロナ禍以前の水準を回復できていない。さらに今年はコロナ禍の不確実性が依然として存在する中、米国と中国の景気減速、インフレの長期化、金融緊縮など、乗り越えるべき難題も多い。

韓国銀行が25日に発表した資料「2021年の実質国内総生産(GDP)」によると、韓国経済は昨年4.0%成長し、2010年以降で最も高い成長率を記録した。政府の昨年の成長目標とも一致する。1年前のマイナス成長による基底効果と民間消費・輸出・政府支出などのすべてが成長に寄与した。昨年第3四半期の成長率は0.3%にまで低下し、目標達成は難しいとの懸念もあったが、第4四半期に民間消費が持ち直し、何とか4%を達成した。特に年間民間消費の伸び率は3.6%で、2010年以降で最も高かったが、災害支援金をはじめとする政府の積極的な財政支出が景気を強く下支えしたと見られる。

しかし、昨年の成長率目標を達成したと言っても、コロナ禍以前の水準をまだ回復していないことに注目しなければならない。2020年と2021年の年平均成長率は1.5%と、2018年と2019年の2.6%はもちろん、韓国の潜在成長率である2%台中後半にはるかに及ばない。これは雇用指標にも表れている。全般的な雇用状況を最もよく示す指標である雇用率(15~64歳の人口に就業者が占める割合)は昨年66.5%で、2019年(66.8%)より低い。特にコロナの打撃を最も受けた卸・小売、宿泊飲食店業の雇用は2年連続で大幅に減少している。

スポンサードリンク
政府は昨年12月、今年の成長率予測値を3.1%とした。経済主体がコロナ禍に適応することで民間消費が引き続き回復の流れに乗るとともに、対外経済環境の改善で輸出も堅実な成長を続けるとの期待が、このような見通しの根拠だ。ところが年初からオミクロン株の拡散によって経済活動の制約が続く見通しであるうえ、米国や中国などの景気が減速するとの懸念、世界的なインフレの長期化、主要国の通貨政策の正常化など、国内外の不確実性が高まっている。

韓国は家計負債の負担が非常に重く、金利引き上げによる消費萎縮や脆弱な債務者の負債の不良化などが懸念される。今年の成長率目標の達成は難関にぶつかる可能性が高いということだ。このような時であればあるほど、財政の役割が何よりも重要だ。政府は効果的な防疫対策を通じて経済活動を最大限正常化し、自営業者などの脆弱階層への支援や物価の安定化、グローバル・サプライチェーンの管理などに政策の力量を集中すべきだろう。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/42390.html

2022-01-26-k002.jpg

韓国の金融・企業両部門の改革の歩みは遅い。金融部門のバランスシートの改善が遅れていることから、企業部門や家計部門に対し、経済発展に不可欠な信用供給を果たせない状況にあることに加え、外的なショックが生じると、ただちに流動性不足が深刻化する。確かに政府の強力なリーダーシップと公的資金投入により、既存の不良債権の金融機関からの切り離しと金融機関の資本増強が行われたが、不良債権処理の本格化はこれからである。

また、これ以上に見逃せないのは、財閥の負債比率の高さであり、潜在的な不良債権の温床となっている。今後の韓国にとって、最大のリスク要因は、財閥の破綻によって引き起こされる金融不安だろう。財閥のリストラが進まず、財閥の借り入れが減少しない。これが金融改革のボトルネックとなっている。この根本には、財閥企業における過剰設備と並ぶ過剰雇用という問題がある。

経済危機後の雇用情勢は、改善基調にあるとはいえその実態は依然として厳しく、財閥改革が新たに失業者を生み出すことになれば、大きな社会不安を引き起こし、せっかく軌道に乗り始めた経済再建の動きを足下から崩しかねない。

関連記事

[ 2022年01月26日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
記事の中にバランスシートが出てきたが、"韓国のバランスシート"はこの3年間で極度に悪化している。
韓国では、カネをもっている財閥系の企業投資が盛んなため、経済への波及効果が高く、経済成長を後押しするが、他方で国全体の借金体質が弾力的な経済運営を阻んでいる。
また、流動資産が極端に少ない韓国の財政体質は余裕がないことから、「競馬場経済」-特定銘柄・分野に博打のように資金を突っ込んでいく-に陥りやすく、かつ失敗しやすい。
[ 2022/01/26 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp