韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国で自律走行ロボット、来年から歩道・横断歩道を通行可能に

韓国で自律走行ロボット、来年から歩道・横断歩道を通行可能に

韓国で自律走行ロボットの歩道・横断歩道の通行を許容する措置が、当初計画された2025年から2年前倒しされる。自律走行ロボットは未来配送産業の重要な要素に挙げられる。

ユン・ソンウク国務調整室国務2次長は26日、自律走行ロボットに関する規制改善懇談会を開き、その席で「重要な事案である歩道・横断歩道の通行許容は当初の計画より操り上げて来年までに完了し、公園への出入り許容と個人情報保護法の改正は今年中に完了するだろう」と話した。ユン次長は「現場要員の同行などの規制サンドボックス(特例)付加条件は、実証開始から2年たったので、その間の実証結果を考慮し上半期中に緩和を積極的に推進すること」を関係部署に注文した。

これに伴い、産業通商資源部をはじめとする関係部署は、自律走行ロボットに対する定義や安全基準を設けた後に実証結果を考慮して歩道・横断歩道の通行を許容するための関連法令改正を2023年までに完了することにした。 また、自律走行ロボット関連規制の問題点を根本的に解消できるよう、産業部を中心に今年中に知能型ロボット法を改正し、自律走行ロボットに対する定義と安全認証など管理体系を設け、規制特例を新設することにした。公園への出入り許容と個人情報保護法改正は今年中に、現場要員同行などの規制サンドボックス付加条件の緩和は今年上半期中に推進することにした。

スポンサードリンク
現行法上、自律走行ロボットは「車両」に分類され、歩道・横断歩道の通行や公園への出入りはできなくなっている。また、カメラ基盤の自律走行は個人情報保護法上違法になる。これについて政府は、自律走行ロボット関連規制改善のために、規制特例を通じた実証と共に法令整備を推進してきた。規制特例実証過程ではロボットの自律走行にも現場要員が運転者として同行しなければならないなどの付加条件がついている。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42400.html

2022-01-27-k002.jpg

韓国通信大手のKTは、自律走行の配達ロボット開発に向けて、ロシアIT大手ヤンデックス傘下で自動運転専門のヤンデックスSDGと業務協約を締結した。 両社は◇韓国向け製品や事業モデルの開発◇次世代人工知能(AI)やロボットソリューションの開発◇情報通信技術(ICT)タスクフォースの運用――などで協力を進める。

ヤンデックスは自律走行ロボ「ローバー(Rover)」を自社開発した。時速5~8キロメートルで歩道を自動走行できるほか、歩行者などの障害物を感知すると方向転換や停止により衝突を避ける。内蔵されたレーダーにより夜間の走行も可能だ。ローバーは2020年にロシアでサービスを開始し、すでに米国やイスラエルに進出している。今回の協約により、早ければ年内にも韓国で自動運転配達ロボットがお目見えする見込みだ。


関連記事

[ 2022年01月27日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
競争激化
ペダルと呼ばれる韓国の宅配は日夜バイクが
疾走する3K仕事で、交通事故も多い。
ロボットはその代替案となる。代金受取とか
食器回収とか付帯する機能が必要だろう。
[ 2022/01/27 11:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp