韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  LG電子、売上でワールプール超え初の世界トップへ…営業利益はむしろ減少

LG電子、売上でワールプール超え初の世界トップへ…営業利益はむしろ減少

LG電子の昨年の売上は74兆ウォン(約7兆円)を超え、過去最高を記録した。これまで世界最大家電メーカーの座を守ってきた米国のワールプールを抜いて世界家電業界のトップに躍り出た。

LG電子は27日、昨年の連結基準で74兆7216億ウォンの売上を上げ、3兆8638億ウォン(約3600億円)の営業利益を上げたと発表した。売上は前年に比べ、28.7%増加したが、営業利益は1.1%減少した。LG電子の年間売上が70兆ウォンを超えたのは今回が初めて。LG電子は「プレミアム家電とテレビの売れ行き好調が売上増加につながった」とし、「売上の約60%(44兆3283億ウォン)が生活家電(H&A)とホームエンターテイメント(HE)事業本部で発生した」と説明した。

生活家電とホームエンターテインメント事業本部は営業利益に大きく貢献した。それぞれ2兆2223億ウォン(約2100億円)と1兆998億ウォン(約1千億円)の営業利益を出した。しかし昨年第4四半期の業績では、生活家電の売上は6兆5248億ウォン(約6200億円)に達したものの、営業利益は1571億ウォン(約150億円)にとどまった。売上基準では第4四半期では過去最高だが、営業利益は前年同期に比べ44.8%減少した。LG電子は「原材料価格の上昇と物流費の増加など、原価引き上げ要因が大きかった」と説明した。

スポンサードリンク
ワールプールは同日、昨年219億8500万ドルの売上を記録したと発表した。ワールプールは世界家電市場トップの座を巡り、LG電子と競争してきた米国の家電メーカーだ。ワールプールの昨年の売上をウォン相場平均(1144.6ウォン)で計算すると25兆1640億ウォン(約2兆4千億円)で、LG電子の昨年の生活家電の売上高27兆1097億ウォン(約2兆6千億円)より2兆ウォン(約1900億円)ほど少ない。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42418.html

2015-02-26-lg.jpg

1995年、LG電子は金星社と言う名称で、当時の会長と会食したことがあるが、その会長がかわいがっていた一人の人物が後にLG電子の社長に就任する。特に日本の中小企業を模索し、重要部品の加工や成型を含め、重要パーツは日本の中小企業に委託するケースが多い。恐らくは今も同様だろうと思われる。

LG電子の電装事業とビジネスソリューション事業本部の昨年の売上も、それぞれ7兆1938億ウォン(約6900億円)と6兆9625億ウォン(約6700億円)で、前年より23.97%と15.78%伸びたが、車向け半導体の供給不足で完成車生産に支障をきたしたうえ、米ゼネラルモーターズ(GM)と合意したボルト電気自動車バッテリーのリコール費用分担金(計1兆4千億ウォンを先に反映した。

とはいえまだ問題点は解決されていないのではと思うが…。 電気自動車バッテリーのリコール問題は今後も続く可能性が高い。大きな課題と言えるだろう。

関連記事

[ 2022年01月28日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp