韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国の利上げ予告だけで揺り動かされる韓国経済

米国の利上げ予告だけで揺り動かされる韓国経済

米国が利上げの信号弾を打ち上げた。昨年から繰り返して予告されてきた衝撃が現実化している。米連邦準備制度(FRS)は25~26日(現地時間)今年初めて連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて金融緩和終了方針を明らかにした。会議を終えて非対面で行われた記者会見に出席したジェローム・パウエル議長は「中央銀行の最高責務として雇用市場安定の目標を最大まで達成した」とし「その間の事実上ゼロ金利政策は有効だったし、経済環境の変化にともなう適切な措置を取っていく」と明らかにした。

これまでローレンス・サマーズ元米財務長官など専門家のインフレーション警告にもFRSは慎重な姿勢を堅持してきた。いい加減に金利を引き上げては生き返っていた景気が後退する恐れがあるという理由からだ。だが、米経済は新型コロナによる衝撃と世界サプライチェーン大乱が重なり急激なインフレーションに直面している。失業率は3.9%まで落ちたが、昨年12月消費者物価指数は7%に達した。FRSの目標値2%を大きく上回り、40年ぶりに最高となった。

パウエル議長は「物価と労働市場の驚くべき進展を考えると、条件が達成できれば3月に金利を引き上げることができる」として3月の利上げを事実上公式化した。FRSは当初専門家の予想を越えて今年3~7回利上げに出ると観測されている。ブラジル・アマゾンの蝶の羽ばたきが暴風雨を知らせるように、その衝撃はすでに韓国金融市場を強打している。

スポンサードリンク
米国利上げに合わせて外国人投資家が世界証券市場で危険資産の比重を減らし、株価が急落して為替が急騰している。昨日、コスピ指数は5日連続で下落し、2700割れとなって一日で2600にまで脅かされた。ウォン・ドル相場は1200ウォン(約110円)台に高騰し、一触即発のウクライナ情勢まで重なり、右肩上がりが続く可能性が大きくなっている。

韓国は現政権の不動産政策失敗と財政乱発にともなう衝撃が加重されている。市場原理を逆らって押し切った不動産対策の影響で住居価格が異常に急騰したにもかかわらず、お金を借りて無理に追撃買収に出た人々は危機に直面した。政府が一歩遅れて住居価格の抑制のために担保融資を阻止すると、銀行信用融資や第2金融圏からもお金を借りたせいで利子負担が急激に増えながらだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/37a52b575c7bd713bb6d71b0cf5dd95c8e55bdec

2022-01-29-k001.jpg

世界経済は、新型コロナウイルスの新たな変異株拡大にもかかわらず、ワクチン接種拡大などにより経済活動の大きな縮小を回避し、回復基調が持続した。国際金融市場では、新型コロナウイルス感染状況や主要国の通貨政策に対する期待の変化により、主要国の国債利回りと株価が下落した後、反動の動きがある。世界経済と国際金融市場は今後、新型コロナウイルス感染状況やワクチンの普及状況、世界的なインフレの動向、主要国の通貨政策の変動に影響を受けるものとみられる。他方、韓国経済をみると、輸出は堅調に増加し、民間消費の回復の流れも続くとみられる。2022年のGDP成長率は前年11月の見通しのとおり、3%水準になると予想される。

記録的なインフレが続く中、市場ではFRBが3月に利上げに踏み切るという見方が強まっている。FRBは去年12月の会合で、新型コロナウイルスの危機対応として続けてきた量的緩和策の終了の時期を3月に前倒しする計画を決めるとともに、今の金融緩和のもうひとつの柱であるゼロ金利政策についても、ことし解除し利上げを進めていく方針を示している。アメリカでは消費者物価の上昇率が39年ぶりという記録的な水準が続いていて、もはや積極的な金融緩和策は必要ないし、インフレ抑制のために金融の引き締めを急ぐ方針だ。このため金融市場では、FRBが3月に最初の利上げに踏み切るという見方が強まっている。

関連記事

[ 2022年01月29日 08:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
無記名社説
Yahooが中央日報から社説を引用、
中央日報が訳も分からずがなっている。
「文はダメだった。おれは分からん。次の政権がきちっとやってくれ」
典型的な韓国の上層論客の言い方です。
[ 2022/01/29 14:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp