韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自動車、欧州ではBMW抜く、米・インドでも好調

現代・起亜自動車、欧州ではBMW抜く、米・インドでも好調

現代・起亜自動車は世界最大の自動車市場である中国では苦戦中だが、欧米とインドなどでは順調な実績を上げている。主要市場で確保した競争力とノウハウを中国でも積極的に活用する必要があると指摘されている。

現代自グループは昨年、欧州で販売台数が100万台を突破。過去最高のシェア(8.7%)を記録し、BMW(7.3%)を抜き、4位に浮上した。フォルクスワーゲン(25%)、ステランティス(20%)、ルノーグループ(9.3%)に次ぐシェアだ。炭素排出規制に先手で対応し、コストパフォーマンスが高いエコカーモデルを大規模に投入したことが奏功した。アイオニック5、EV6など電気自動車(EV)の販売台数(13万5408台)は前年比で41%増えた。

現代自グループは昨年、米国で149万台を販売し、ホンダを抜いて5位に浮上した。日本車の天国だったベトナムでは19年から3年連続でトヨタを抑え、販売台数トップの座を守っている。インドでは昨年69万台(現代・起亜自合計)を販売し、マルチ・スズキに次ぐ2位の座を守っている。韓国自動車研究院のイ・ハング研究委員は「現代自は主な市場で『コストパフォーマンスが高く、信頼できる車』という立地を固めてきた。中国市場でも緻密な分析と市場に合わせた製品で再び勝負すれば、勝算がある」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/28/2022012880184.html

スポンサードリンク
インドは、2026年までに世界第3位の自動車市場になると予想されている。業界は現在、2020年4月から3月に乗用車、商用車、三輪車、二輪車、四輪車を含む26百万台の車両を製造しており、そのうち470万台が輸出されている。インドは、世界最大のトラクターメーカー、2番目に大きいバスメーカー、3番目に大きい大型トラックメーカーであるため、国際的な大型車の分野で確固たる地位を築いている。

2022-02-01-k002.jpg

2020年度のインドの年間生産台数は2,636万台で、1,180億ドルの自動車産業は、2026年までに3,000億ドルに達すると予想されている。 また二輪車と乗用車がそれぞれ80.8%と12.9%の市場シェアを占め、20年度の合計販売台数は20.1百万台を超えた。乗用車の販売は中小型車が大半を占めている。 全体として、自動車の輸出は20年度に477万台に達し、16年度から20年度の間に6.94%のCAGRを意味します。輸出車両全体の73.9%を二輪車が占め、乗用車が14.2%、三輪車が10.5%、商用車が1.3%と続いている。

インド自動車工業会(SIAM)が14日発表した2021年12月の乗用車販売台数(出荷ベース)は20年同月比13.3%減の21万9421台。半導体不足の影響などで4カ月連続のマイナスに陥った。インドでも新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」が急拡大しており、1月も低迷する公算が大きい。メーカー別ではマルチ・スズキの販売が12.6%減の12万3016台にとどまり、韓国・現代自動車も31.8%減の3万2312台。マルチスズキの2020年度(2020年4月~2021年3月)のインド新車販売台数は、輸出を含めた総販売台数が145万7861台。前年比は6.7%減と、2年連続で前年実績を下回った。 2021年4-6月は、スズキのインド販売は4.6倍、3年ぶりに回復した。

関連記事

[ 2022年02月01日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp