韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国景気は半導体特需で回復しているのに、若者の不満が爆発寸前

韓国景気は半導体特需で回復しているのに、若者の不満が爆発寸前

韓国について、最近、国民の不満が高まっているという話をよく耳にする。2021年、韓国経済は緩やかに回復したものの、国民の重大関心事である労働市場の改善は遅れている。韓国統計庁によると、21年の「求職断念者数」は、14年以降の過去最高を記録した。景気回復を実感できず、就職を諦めざるを得ない人が増えているのは、国民にとって大きな不満であることは間違いない。

短期的に見ると、コロナ感染再拡大による経済活動の低下は、労働市場の需給にマイナス影響を与える可能性が高い。また、産業構造が旧財閥などの大企業に集中する韓国では、今後も半導体など先端分野で大手企業への依存度がさらに高まるだろう。中小企業などに属する人々への経済的な便益は及びにくい。 革新系の現政権は、労働組合にフレンドリーな政策運営によって、「今」働いている労働者を擁護する方針をとっている。そのため、学生や求職者など「これから」働く人々には厳しい状況になっている。

わが国へ来ている留学生にヒアリングしても、「韓国に帰っても就職が厳しい」という指摘が多い。旧財閥系大手企業に依存した経済構造の改革や、持続的な雇用機会の創出が、次期政権の大きな課題だ。

スポンサードリンク
コロナ禍が発生して以降、韓国の労働市場の改善ペースが鈍い。GDP(国内総生産)は増えているにもかかわらずだ。半導体輸出などに支えられ、21年通年の実質GDP成長率は、前年比4.0%増だった。しかし、現実の労働市場全体は、期待されたほど改善しているとはいえない。21年の労働参加率は62.8%で、19年の63.3%を下回った。働く意思を持つ人が減っている。

その一因に、財閥系大手企業への経済依存度の高さがある。韓国経済はサムスン電子など大手メーカーが、日本をはじめとする諸外国から資材を輸入し、韓国内で製品を大量生産して輸出する産業モデルで成長してきた。財閥系大手に勤めるには、有名大学を卒業して厳しい就職活動に勝ち残る必要がある。それが難しい場合、満足いく就業先を見つけることは難しいという。そうした状況が深刻化しているとみられる。
https://diamond.jp/articles/-/294859

2022-02-02-k001.jpg

韓国の貿易収支の黒字が減少、あるいは赤字転落するリスクが大きい。それは輸出依存度の高い韓国経済の、先行き懸念を高める。最大の輸出先である中国は、不動産市況の悪化とゼロ・コロナ対策によって経済の減速傾向が鮮明だ。韓国の対中輸出は減少する。輸入物価が上昇し、中国のゼロ・コロナ対策などを背景に、世界のサプライチェーン寸断の解消は容易ではない。脱炭素を背景に、エネルギー資源価格にも上昇圧力がかかっている。

一方で、米金利が上昇し、ウォン売り圧力がかかれば、ウォン安は輸入物価を上昇させ、交易条件の悪化要因になり得る。加工貿易による韓国の経済運営は一段と難しくなり、企業の採用意欲は低下する。今の現状がこの状態と言える。 経常収支は、主に四つあるが、一次所得が、日本は大幅な黒字、韓国は圧倒的に赤字となる。日本のように一次所得が黒字ということは海外からカネが入ってくるのと違って、韓国は海外から入るカネは貧弱そのものでしかない。

●貿易収支(通関統計における輸出から輸入を引いたもの)
●一次所得(国外から得た利払いや配当から、国外に支払った利払いや配当)
●二次所得(事実上の対外援助金)
●サービス収支(知財や海外旅行収支等の物品・配当金以外のサービスの収支状況)

関連記事

[ 2022年02月02日 08:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
若者世論?
爆発寸前・・・いつ爆発?
[ 2022/02/02 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp