韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  海外では攻撃的投資の韓国バッテリー3社、国内投資には消極的

海外では攻撃的投資の韓国バッテリー3社、国内投資には消極的

米国など海外での攻撃的な投資拡大とは対照的に、韓国バッテリー大手3社の国内投資は少ない。自動車メーカーが集中している北米、欧州、中国とは異なり、韓国国内には現代・起亜自動車を除けば、大口顧客がいないことが最大の理由だ。韓国メーカーによる投資が海外に集中し、韓国国内では雇用停滞と重要技術の流出に対する懸念の声もある。

LGエナジーソリューション、サムスンSDI、SKオンを合計すると、現在韓国国内では年間で電気自動車(EV)42万台分のバッテリーを生産できる。ただ、現在国内1位、世界2位のLGエナジーソリューションが梧倉工場(忠清北道清州市)の生産能力を拡充するのを除けば、サムスンSDI、SKオンは追加投資計画がない。

LGエナジーソリューションは現在年18GWh(ギガワット時)規模の梧倉工場に6450億ウォン(約614億円)を投資し、生産能力を2025年までに22GWhに引き上げる。EV5万台分のバッテリーを生産できるようになる。現在生産職2000人、事務職3000人の国内での従業員数も工場拡張に合わせ、約1000人追加雇用する見込みだ。しかし、24年までに5兆6000億ウォンを投資する北米市場と比較すれば、25年時点での生産規模は7分の1だ。欧州、中国での投資計画と比べても5分の1にすぎない。

スポンサードリンク
2010年から韓国国内の工場でEVバッテリーを生産してきたサムスンSDIは、蔚山工場の生産規模を9GWhに据え置く一方、ハンガリー・ゲド工場は今年、第2工場の稼働で生産能力が24GWhから37GWhに拡大する。SKオンも年5GWhの国内生産能力が北米だけでなく、ハンガリー・コマーロム工場(7.5GWh)にも満たない。SKオンは18年9月、忠清南道瑞山工場を拡張して以来、追加投資計画がない。

LGエナジーソリューションなどバッテリー各社は相次いで新規株式公開(IPO)で巨額の資金を調達し、毎年兆ウォン単位の投資を行う構えだが、韓国国内の雇用創出には限界がある構造だ。バッテリー業界関係者は「大きくて重いバッテリーは半導体のように国内で生産して海外に輸出するのが困難な製品だ。生産拠点は需要がある海外を中心に拡充し、国内は研究開発中心で運営せざるを得ない」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/28/2022012880196.html

2022-02-02-k003.jpg

韓国LG Energy Solutionと韓国SK on、韓国Samsung SDIという韓国バッテリー3社が米国内の生産拠点拡大を加速している。バイデン米大統領は2021年8月、30年までに米国で販売する乗用車と小型トラックの50%以上を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を盛り込んだ大統領令を発令した。米国で生産したバッテリーセルを搭載したEVは追加控除が認められる見込みであり、韓国バッテリー3社は今こそが北米に生産拠点を拡大するチャンスとみる。欧米の自動車大手と相次ぎバッテリー生産のための合弁会社設立に動く中、韓国内ではバッテリー生産の原材料を中国に依存するリスクがささやかれている。

GMと韓国LG Chem(LG化学)の共同出資で設立した「Ultium Cells LLC」は、米オハイオ州と米テネシー州にそれぞれ年間35GWhのバッテリー工場を建設。24年に年間70GWhのバッテリー生産能力を確保する計画だ。LGエナジーソリューションは、GMとの間に起きたリコール問題も乗り越えた形で、両社は良好な関係を保っている。LGエナジーソリューションは21年10月、欧州の自動車メーカーであるStellantis(ステランティス、旧FCA) とも合弁会社設立に合意。年間40GWh規模のバッテリーセルとモジュールを生産する工場を米国に建設する計画を発表した。22年夏に着工し、24年1~3月期からステランティスが米国やカナダ、メキシコで生産する次世代EVに、このバッテリーを搭載する計画だ。

関連記事

[ 2022年02月02日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp