韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  THAAD追加配備で首都圏守る?…野党ユン候補の公約の実効性に疑問の声

THAAD追加配備で首都圏守る?…野党ユン候補の公約の実効性に疑問の声

国民の力のユン・ソクヨル大統領候補は1日、北朝鮮のミサイル発射について「高高度防衛ミサイル(THAAD)を含む重層的ミサイル防衛網を構築し、首都圏と京畿北部地域まで北朝鮮の核ミサイル脅威から国民の安全を確実に守る」と述べた。

ユン候補の外交安保公約を担当する選挙対策本部傘下のグローバル・ビジョン委員会などは、先月31日に記者会見を開き、米国から1兆5千億ウォン(約1430億円)でTHAADを購入し、韓国軍が直接運用すべきと主張した。現在、慶尚北道星州(キョンサンプクト・ソンジュ)に配備されたTHAADは、米政府予算で購入し、在韓米軍が運用している。星州のTHAAD砲台は射程が200キロメートルで迎撃範囲が首都圏に及ばないため、北朝鮮のミサイルの脅威から首都圏の住民2千万人を守るには、THAADを追加配備しなければならないというのがユン候補側の主張だ。

THAAD追加配備の主張をめぐる争点は大きく分けて二つだ。「本当にTHAADが首都圏の住民を守ることができるのか」という軍事的実効性と、米国と中国が激しく衝突している中、THAAD追加配備が国益を守るのに役立つのかの問題だ。

スポンサードリンク
現在のTHAADの技術レベルと北朝鮮のミサイル戦力の質と量、北朝鮮の開戦初期の軍事戦略などを考慮すれば、THAADを追加配備しても首都圏の守護は確信できない状況だ。発射された北朝鮮の弾道ミサイルは、上昇段階-中間段階-終末(下降)段階に放物線の軌跡を描く。北朝鮮が発射した弾道ミサイルが5分以内に韓国に届くほど朝鮮半島の縦深が短く、上昇-中間段階では迎撃のための時間を十分確保できない。

そのため、韓国のミサイル防衛網は最終段階の終末段階に集中し、高高度、中高度、低高度にわたる多層防御システムで構成されている。具体的には、パトリオット2(20キロメートル前後の低高度)▽天弓2とパトリオット3(30キロメートル前後の中高度)▽THAAD(50~150キロメートル範囲の高高度)という3重防空網だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/42452.html

2013-12-17-kim.jpg

3月に迫る韓国大統領選の与野党4候補による初のテレビ討論会が3日、開かれた。最大野党「国民の力」の尹錫悦前検事総長は、北朝鮮による攻撃から首都圏を防衛するため、中国が反発してきた在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の追加配備が必要だと主張。与党「共に民主党」の李在明前京畿道知事は反対し、論戦を繰り広げた。

今年に入って北朝鮮による中距離弾道ミサイルなどの発射が相次ぎ、対応が選挙戦の争点に浮上している。 李氏は、中国は重要な貿易相手国だとし「なぜ追加配備して反発させ、経済を滅ぼそうとするのか」と尹氏を批判した。 金正恩は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、極超音速ミサイル、戦術核兵器、弾道ミサイルを発射できる潜水艦など、開発すべき兵器の「希望リスト」を提示した。ポラック氏は、金正恩が「依然として軍事的近代化プログラムを追求している」ことを明らかにしたと言う。

言葉による示威に続いて、昨年秋には鉄道発射式の短距離ミサイルの一連の実験が行われた。このミサイルは探知が難しく、アメリカや韓国、日本による先制攻撃から切り抜けられるように設計されている。 と言うが、米国への対抗であるから、弾道ミサイルをすぐ隣の国となる韓国に投下するとは考えにくいが…。 もっとも有効なのはミサイル基地の先制攻撃だろう。今の韓国軍には北朝鮮のミサイル発射すら正確にとらえる事が出来ない。むしろこちらの方が問題と言えるが…。

関連記事

[ 2022年02月04日 10:30 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp