韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国の業種間の賃金格差、日本・欧州よりはるかに大きい

韓国の業種間の賃金格差、日本・欧州よりはるかに大きい

業種間の賃金水準の格差を国際的に比較したところ、韓国では両極化現象が顕著であることが分かった。 韓国経営者総協会(経総)が6日に発表した資料「韓・日・EUの業種ごとの賃金水準の国際比較」によると、11の業種のうち賃金水準が1位の業種の賃金を100と仮定した場合、最も低い業種の賃金水準は、韓国は36.7だった。欧州連合(EU)15カ国の平均は41.4、日本は55.5だった。業種の両極化は韓国が最も深刻だということを意味する。

賃金1位の業種は、韓国とEUでは「金融・保険業」(2020年購買力平価(PPP)の月賃金は韓国が7373.0ドル、EUが6912.3ドル)、日本は「専門・科学・技術サービス業」(4979.2ドル)だった。最低賃金の業種は3者とも宿泊・飲食店業(韓国2703.5ドル、EU2858.3ドル、日本2765.2ドル)だった。 1位の業種と2位との賃金格差も韓国が最も大きかった。2位の業種の賃金水準は韓国(専門・科学・技術サービス業)81.7、EU(情報通信業)90.2、日本(情報通信業)97.5だった。

スポンサードリンク
経総によると、購買力平価で産業労働者全体の月賃金の平均(超過給与は除外)は、韓国が4478.7ドルでEU15カ国の平均(4534.5ドル)とほぼ同じで、日本(3785.8ドル)より高かった。為替相場(年平均)ベースでは、高い順に日本が3588.8ドル、EUが3453.1ドル、韓国が3123.6ドルだった。1人当たりの国内総生産(GDP)に対する全産業の平均賃金水準(為替とは無関係)は、高い順に韓国が118.5%、日本が107.0%、EUが91.7%だった。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42472.html

2022-02-07-k002.jpg

韓国や日本、欧州連合(EU)加盟国の中で業種間賃金格差は韓国が最も大きいという分析だ。業種別賃金水準の格差は、韓国が日本や欧州連合(EU)加盟国の中で二極化現象が目立っている。韓国経営者総協会が6日、まとめた「韓国・日本・EU業種別賃金水準国際比較」によると、賃金が最も高い業種と最も低い業種間賃金格差は韓国が最も大きく、賃金二極化現象の深化が懸念されることが明らかになった。

業種別で各国の1人当たりGDP比賃金を比較した結果、韓国金融および保険業が195.0%で、日本(135.9%)とEU(137.8%)に比べて飛び切り高いなど、賃金水準上位3業種いずれも経済水準を考慮した賃金水準は韓国が最も高い。経済人総連は経済水準を反映した賃金水準が競争国であるEUや日本より韓国が高いとし、特に、韓国の金融および保険業は韓国・日本・EUをあわせてすべての業種で最も高い賃金水準を示したが、これは年功型賃金体系と強力な労組の影響力による結果と推定されるとしている。

韓国大手外資系企業との比較でしかないので、韓国民の一部にしか恩恵は無く、自国民の全体評価するには正しい値ではない。産業が偏り、上位財閥企業に依存する経済は、自国の中小企業と大きな開きがあり、今後ますます差が開くとみる。その一方で雇用と労働時間問題で、離職する傾向が高まり、ますます限られた産業のみだけが頼みと綱となるが、自国離脱が目立ち、東アジア地域への移転が加速中だ。

関連記事

[ 2022年02月07日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
不公平な社会
自国民からヘル(地獄)と自嘲され、駐韓元日本大使が『韓国に生まれなくて良かった』と吐露する。

学歴、資格、容貌、縁故、財力…どれが欠けても上がれない。弱者、低学歴、貧乏人は生きる価値なしのらく印を押される。世界一の自殺大国で若年層の自殺は増え続けている。

韓国を見習えと大合唱しても、世界は韓国など見習わないww。日本メディアの商魂が際立っただけ。落ち目の韓流を支えた電波芸人、電波乞食はカカシのようにボロボロだ。

韓国人は不幸はみな向こうからやってくると考える。日本が悪い。米国が悪い、中国が悪い、あいつのせいだと…。因果応報とは自分が因だと知覚することから始まる。ゆえに相手のせいにしてやみくもに攻撃しない。自省する精神はとても高尚なんだね。

不公平な社会がいつまでも続くのは、多くの韓国人の心根が自分もうまい汁を吸いたいと望んでいるからだね。多数が望んでいるからこのような社会が出現した。

日帝のせいだとごまかし続ける…それより自分たちの愚さを正視する時だ。生まれ変わらなくとも…できるだろう。

[ 2022/02/07 11:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp