韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  獄中手記も話題、朴槿恵氏の“恨の矛先”が韓国大統領選のカギを握る

獄中手記も話題、朴槿恵氏の“恨の矛先”が韓国大統領選のカギを握る

3月9日に行なわれる韓国大統領選が終盤戦に入り、大混戦となっている。わずかにリードする保守系最大野党「国民の力」の候補である尹錫悦氏を革新系与党「共に民主党」候補の李在明氏が追いかけているが、開票まで目が離せない展開だ。そんななか、“前大統領の手記”が韓国で発売され、注目を集めている。

「昨年末、現・文在寅政権の恩赦で釈放された朴槿恵前大統領の獄中手記が発売されてベストセラーとなり、朴氏の今後の言動が注目されています」。そう説明するのは、コリア・レポート編集長の辺真一氏だ。収賄などの罪で服役していた朴氏は恩赦と同時に、獄中で支持者と交わした手紙を『恋しさは誰にでも生まれるものではありません』というタイトルの手記として出版。その内容が波紋を広げているというのだ。

「手記には、大統領選の候補である尹氏に対する恨みつらみと受け取れる心境が綴られています。というのも、朴氏弾劾事件で検察の捜査チーム長として指揮を執っていたのが尹氏です。一方で、尹氏を擁立する『国民の力』は朴氏がトップだった『セヌリ党』の流れを汲む保守系政党。朴氏が今後、尹氏を支持するか否かで選挙の風向きが変わる可能性があるのです」(辺氏)

スポンサードリンク
時系列を整理すると、尹氏は朴氏の捜査で名をあげて文政権下で検事総長に起用されるも、今度は文氏の側近の疑惑を追及。政権と対立する存在となったために、保守系野党から「反文在寅」の象徴として担がれたというややこしい経緯がある。状況は複雑なのだ。「逮捕されたとはいえ、朴氏は保守政党の前党首であり保守系の支持層にとってはシンボルです。彼らにとって朴氏は、敵である文政権から政治的な迫害を受けた“ジャンヌ・ダルク”のように捉えられている。

朴氏は一貫して無実を主張してきました。このまま尹氏を支持すれば自分の事件を認めたことになってしまいます。一方、尹氏を批判すれば自身の支持層が支えてきた政党には逆風となる」 尹氏にとっても大誤算だったのだろう。「朴氏は現在入院中ですが、2月には退院すると見られています。文在寅への憎しみと尹氏への憎しみ。どちらが彼女にとって大きいのか見ものです」(辺氏)
https://www.zakzak.co.jp/article/20220207-PJE2FAU3PFLYLK7PYPEJYPNNAI/

2022-02-07-k003.jpg

与党の李在明候補と野党の尹錫悦候補による事実上の一騎打ちで、激しく争われている。国では1987年に民主化されて大統領の直接選挙が行われるようになって以降、およそ10年おきに保守系と革新系が政権交代を繰り返してきた。その中で、保守系の地盤である南東部と、革新系の地盤である南西部の地域対立も、浮き彫りとなっている。

2022年3月9日に投開票となる韓国の大統領選挙。任期は5年、国家元首と行政府のトップを兼ねるなど非常に強い権限が与えらる。次期大統領が誰になるのかによって、対日関係や北朝鮮の核問題にも動きがある可能性がある。今回の韓国大統領選の最も最大の注目点は、政権交代が起きるかどうかとなる。大統領の任期は5年で再任がないため、文在寅政権が続くことはないが、進歩(革新)系の与党「共に民主党」候補が当選すれば政権維持、保守系の最大野党「国民の力」などの野党候補が勝てば5年ぶりの政権交代となるが…。

それでも文氏は4割前後の支持率を維持している。歴代大統領が任期末に「レームダック」(死に体)には陥りがちな韓国で、熱烈な進歩系の支持者の存在をうかわせる。一方、多くの世論調査では政権の交代を望む声が維持よりも多い結果が出ている。

関連記事

[ 2022年02月07日 08:45 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
あの国の大統領選挙は、一見勝者側が総取りするゼロサム・ゲームだが、
選挙に勝っても天獄、負けても地獄みたいなところがあり、
勝敗に関わらず、最後には監獄行きになるところが不思議。
要するに、形骸化した民主主義の上に、暴力的な権威独裁主義が
載っかっているのだろう。
[ 2022/02/07 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp