韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  現代自「アイオニック5」、英専門誌が「今年の車」に選定

現代自「アイオニック5」、英専門誌が「今年の車」に選定

スポンサードリンク


現代(ヒョンデ)自動車の電気自動車専用モデル「アイオニック5」が、英専門誌から「今年の車」に選ばれた。

6日、自動車業界によると、英国の自動車専門誌「カンパニーカートゥデイ」は、アイオニック5を「2022年の今年の車」に選んだ。同メディアは、ビジネスドライバーに適した世界の自動車モデル100台を、毎年発表している。現代自がここで1位となったのは初めてだ。アイオニック5は、欧州基準で1回の充電で最大481キロの走行距離や合理的な価格、急速充電技術などが、ライバル車種を超えているという評価を受けている。

アイオニック5は、ほかの国の評価でも頭角を現している。昨年11月には、ドイツの自動車専門記者団から「ドイツの今年の車」に選ばれ、ドイツの自動車専門メディア「アウトビルト」から電気自動車部門で最高の車に選ばれた。デンマークとスペイン北東部のカタルーニャ地域でも、「今年の車」を受賞した。

スポンサードリンク

ジェネシスのスポーツユーティリティー車両(SUV)「GV70」は、カナダ自動車記者協会から、「2022の自動車革新賞」の3部門のうち2部門を授賞した。後部座席に乗客が搭乗しているかどうかをセンサーで把握して知らせる「アドバンスト後部座席乗客通知」で安全部門を、指紋などの生体情報で運転席の個人化を支援する「指紋認証システム」で技術部門を受賞した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220207/3188992/1

hyundai-1.jpg

現代自動車が、電気自動車(EV)のアイオニック5で、13年ぶりに日本市場に再進出する。 同社のチャン・ジェフン社長は4日、ブルームバーグ通信のインタビューで「(過去撤退したとき)同じミスを繰り返さないために、多くの準備をしてきた」とし、「電気車だけを100%ネット販売する」と明らかにしている。同社の日本法人「現代モビリティジャパン」は近く、東京で「日本進出記者懇談会」を開く予定。

同社は2001年、日本に進出したが販売低迷で2009年に撤退していた。日本は自国ブランドに対する忠誠度が高い市場だ。トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、三菱など自国ブランドが90%以上のシェアを占めている。 しかし、まだ純粋な電気自動車市場は開拓されていない。日本の自動車業界は、これまで電気自動車よりはハイブリッド車でエコカー市場を攻略してきたからだとしているが、世界トップレベルの自国自動車企業激戦国となる日本に進出したところで、売れるはずはない。

挙句に電気自動車戦略である。いつ発火するかわからない車は購入しないだろう。トヨタやホンダのEV戦略もあり、固体電池などを含めたロードマップが加速する。



関連記事

[ 2022年02月08日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(5)
韓国内の自国では、NO Japan 。
日本では韓国製品を買え、か。

平気でこれができる厚顔無恥ぶり。
この態度が不愉快。

日本人なら絶対に買ってはならない。
商品としても燃える危険もある欠陥品でもある。
[ 2022/02/08 10:28 ] [ 編集 ]
火災車なのに賞が取れるなんて。
可笑しい。

韓国人はやたらプライズに固執する。
そのために買収などの裏工作を全力でやったのだろう。
燃える品質の車が賞を取れたのがなによりの証拠。

とはいえ、賞を取ったからといって、車は売れるものではない。

[ 2022/02/08 11:42 ] [ 編集 ]
化石エネルギーの僻地
欧州は原油も天然ガスも調達不安定だから
苦肉の策でEVなのでしょう。
弱点は、電力調達策が後付けなこと。それと、
電池産業が未熟なこと。韓国がその弱点に切り込む。
クルマの安全品質は先の課題として置いておかれる。
[ 2022/02/08 12:01 ] [ 編集 ]
現代自のHPには「最大481kmの航続距離を誇り、わずか18分で10%から80%まで充電できる...5年間走行距離無制限の保証と8年間のバッテリー保証を提供し...」とある
(www.hyundai.news/eu/articles/press-releases/hyundai-ioniq-5-named-car-of-the-year-2022-by-company-car-today.html)

実際欧州での前評判は良く、現代自はIONIQ5には自信満々のようだ。
ただ、本質的にEVバッテリーには、ガソリンエンジンのようなトルクは無く、また寒冷地では消耗が早い。今回の話は、あくまで前評判だろう。
[ 2022/02/08 13:14 ] [ 編集 ]
答え合わせが出た
前回のミスを繰り返さないww。

うんうん、冬ソナの大物俳優を使ってこけたねえ。韓国製美男美女は人目を引いたが、それだけ。なんで売れると思ったのか。買いかぶりもいいとこだ。

『現代を知らないのは日本だけ』今でもそうだと思うよ。
朝ドラで沖縄の安物タクシーが話題になったが、へえ、韓国って車作れるんだ~と日本人に教えたね。話題になっただけでも上等。

韓国車は海外では日本車もどきに偽装して進出する。しかし、日本や中国ではそれは通用しないw。
現代自動車は『海外で賞を獲得』し、それを『大々的に宣伝』し『日本進出する』というストーリーを考えているのだろう。毒にも薬にもならないモンドセレクション賞に惑わされる日本人は多いからねェ。

冬ソナ美男美女に代わって登場するのは…誰もが知っている有名人…スポーツマンかな~。

[ 2022/02/08 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp