韓国経済ニュース

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済ニュース TOP  >  韓国経済 >  「スタグフレーションが来る」韓国経済学者が警告

「スタグフレーションが来る」韓国経済学者が警告

韓国がスタグフレーションに陥りかねないという経済学界の警告が出た。物価高騰が続く中、景気は低迷局面に差し掛かる可能性があるという診断だ。

ソウル大学経済学部のチャン·ヨンソン教授(写真)は9日、「マクロ経済環境の構造的変化-生産、雇用、物価の関係を中心に」というテーマの報告書でこのように明らかにした。チャン教授は、この報告書を10~11日、韓国経済学会主催で開かれる「2022経済学共同学術大会」第1全体会議で発表する。チャン教授は、米リッチモンド連邦銀行先任経済学者やロチェスター大学経済学部教授を歴任し、昨年、韓国経済新聞社が授賞する第40回茶山経済学賞を受賞した韓国を代表する経済学者だ。 「韓国消費者物価上昇率が、2-3%台で米国などと比べて低いだけに問題ではないという見方もある」とし「しかし住宅価格など自家住居費(自分の家を借りて住むと仮定した場合の費用)などを反映した体感物価は深刻な水準」と述べた。

チャン教授は、このように跳ね上がる物価が雇用·生産を抑制する可能性が高いと分析した。 労働者が、物価上昇の傾向を反映して賃金引き上げを要求し、企業は増えた人件費を考慮して雇用を減らして製品価格を引き上げることができるという話だ。彼は「インフレ上昇→賃金上昇→雇用減少·製品価格上昇→インフレ上昇」という悪循環が生じることを懸念した。

スポンサードリンク
チャン教授は「米国中央銀行(Fed)は1970年代のスタグフレーションに対応して基準金利を大幅に引き上げた」とし「こうした対応でインフレ懸念は30年間水面下に下がり、成長の基盤を固めた」と述べた。それとともに「韓国銀行が最近急騰する物価に対抗して金利引き上げに出たのは適切な対処」と評価した。 チャン教授は「情報技術(IT)の高度化により過去に比べて雇用回復の流れが遅くなっている」とし「現場で労働を減らすための企業の自動化投資などが増えた結果と推定される」と診断した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d0fd6079cdfe054b4f33601c7f76a296adb9e6db

2022-02-11-k001.jpg

スタグフレーションとは、景気が後退していく中でインフレーション(インフレ、物価上昇)が同時進行する現象のことをいう。この名称は、景気停滞を意味する「スタグネーション(Stagnation)」と「インフレーション(Iinflation)」を組み合わせた合成語。通常、景気の停滞は、需要が落ち込むことからデフレ(物価下落)要因となるが、原油価格の高騰など、原材料や素材関連の価格上昇などによって不景気の中でも物価が上昇することがある。これが、スタグフレーション。景気後退で賃金が上がらないにもかかわらず物価が上昇する状況は、生活者にとって極めて厳しい経済状況となる。わが国では、1970年代のオイルショック後にこの状態となった。

韓国では昨年10月、スタグフレーション(景気沈滞の中での物価上昇)恐怖が韓国株式市場に広がった。KOSPI(韓国総合株価指数)は外国人と機関の売りで3000台が危うくなり、KOSDAQはおよそ1カ月ぶりに1000を割った。1日のKOSPIは前日比1.62%(49.64ポイント)下落した3019.18で取引を終えた。これは3月25日(3008.33)以来の安値で、6カ月間の上昇幅はほぼ消えた。サムスン電子は前日比1.21%下落した7万3200ウォン、カカオも1500ウォン安の11万6500ウォンで取引を終えた。

韓国経済成長率は急激に下降し、反面物価は暴騰している。景気回復のカギを握る新型コロナウィルスについても1日の感染者数が増加中、新しい変異株「オミクロン株」が急速に広がるなど、状況は悪化している。今年、韓国経済がスタグフレーションに陥る懸念が高まっている。

関連記事

[ 2022年02月11日 08:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国では政府、企業、個人の3つの経済主体いずれもが、極度の借金漬け状態にあり、この状態でのスタグフレーションの到来は、厳し過ぎるといえるだろう。
中銀が政策金利を上げてインフレを封じ込めようとすれば、設備投資も消費も抑制されて不況が長引く。
最終的には、政府がバラマキをやって、インフレ以上に経済成長を達成することによってしか不況から脱却できないだろう。
しかも、今年は大統領選が3月にあるため、現政府はもはや打つ手がない。新政権も直ぐには動かない。韓国は今年は不況で始まり、不況のまま終わりそうだ。
[ 2022/02/11 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp