韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  現代自動車グループ、米JDパワー品質調査で総合1位

現代自動車グループ、米JDパワー品質調査で総合1位

スポンサードリンク


米国の市場調査会社「JDパワー」が10日(現地時間)に発表した『2022年自動車耐久品質調査』で、起亜が1位、現代自が3位、ジェネシスが4位を達成した。特に起亜は、JDパワーの耐久品質調査で一般ブランドとしては史上初めて高級ブランドを抑えて1位になった。また、ジェネシスは高級ブランド中でトップだった。米国内における現代自グループの立ち位置は昔とは違う、という評価が出ている。

JDパワーの耐久品質調査は、米国で販売されている32の自動車ブランドの139モデルを対象に、車を購入してから3-4年経過した顧客の満足度を184項目にわたって調べ、100台あたりの不満件数を点数化した。総得点が低いほど品質が優れているという意味で、起亜(145点)、ビュイック(147点)、現代自(148点)、ジェネシス(155点)、トヨタ(158点)、レクサス(159点)の順だった。

おかげで現代自グループは、15のグローバル自動車グループの中で総合1位となった。車種別では現代自のサンタフェ、ソナタ、起亜のソレントがそれぞれ中型SUV(スポーツタイプ多目的車)、中型セダン、中大型SUVのクラスで1位になり、「最優秀品質賞」を授与された。

スポンサードリンク

米FOXニュースは「起亜が新たなキング(Kia is the new king)」と伝え、経済専門誌「フォーブス」は「韓国ブランドが耐久性の信頼度評価を支配し、欧州ブランドは消費者の不満が多かった」と報じた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/12/2022021280003.html

2022-02-12-k003.jpg

JDパワーのの調査では、新車を購入して3年が経過したユーザーを対象に184項目について不具合の有無を調べ、100台当たりの不具合指摘件数をスコア化した。スコアが低いほど耐久品質が良いという意味になる。新車を対象にした初期品質調査(IQS)に比べ、より客観的な品質評価が可能だ。

保有ブランドの健闘で、現代自動車グループも世界15の自動車グループのうち最も低い平均点(147点)を記録し、トヨタ自動車(158点)、ゼネラル・モーターズ(GM、172点)を抑えて1位となった。現代と起亜は00年以降、24時間対応の「グローバル品質状況室」を設置し、世界のどこかで問題が起きればすぐに関係部署に通知して改善策を整えるシステムを運営している。14年には、国内外に散らばっていた品質評価テストの施設を集約した「グローバル品質センター」をオープンした。

朝鮮日報は、鄭夢九氏の時代に米国で実施した「10年、10万マイル」の無償保証は、海外の品質調査で高い評価を受ける土台となったと報じている。



関連記事

[ 2022年02月12日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
現代グループが品質評価で世界一で対規模欠陥車?
アメリカ国内での調査では現代グループの車が品質評価でNO.1と成ったと、あるが現代グループのSUVが
駐車中に自然発火するので周囲に燃え移らない所に駐車する様にと指示されている。
また現代グループのEV車は世界のあちこちで発火、爆発している。



[ 2022/02/12 10:04 ] [ 編集 ]
ヒュンダイには商機
米欧日メーカーが不活発だから、北米市場、欧州市場で
ヒュンダイが増産押し込みで売り込んでますね。
ヒュンダイは品質問題の逆風のなか、今はチャンス。
おそらく相当額のインセンティブをばらまいている。
トヨタ、ホンダは減産で増益だから、今はじっとしている。

[ 2022/02/12 16:34 ] [ 編集 ]
出火する車の品質が1位?
ここ最近、怪しい格付けが頻出してたが、今回ばかりはさすがに無理があるでしょう。
こんなことばかりやってると、JD自体の格付け評価自体も怪しくなってくる。

どうも外人どものやることは雑で困ります。
[ 2022/02/12 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp