韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  日本政治 >  自民・河野太郎氏が喝! ワクチン3回目接種の遅れ〝厚労省のせい〟「8カ月間隔、完全な間違い」 

自民・河野太郎氏が喝! ワクチン3回目接種の遅れ〝厚労省のせい〟「8カ月間隔、完全な間違い」 

スポンサードリンク


自民党の河野太郎広報本部長が、新型コロナウイルスワクチンの「3回目接種」をめぐる厚生労働省の対応を「完全に間違いだった」と痛烈に批判した。接種率50%を超える先進国もあるなか、日本は10日時点で7・9%(首相官邸HP)しかない。事実上、岸田文雄内閣の危機管理能力に疑問を呈したといえそうだ。

「(厚労省が原則、ワクチンの2回目と3回目の接種間隔とした)8カ月には、私は根拠はないと思ってます。これは完全に厚労省の間違いだった。それは素直に認めないといけない」 河野氏は11日夜、BS―TBSの「報道1930」に出演して、こう語った。菅義偉前内閣でワクチン担当相を務め、達成困難とされた「1日100万回以上」の接種を実現させた人物だけに、その言葉は重い。 イスラエルや英国、ドイツ、韓国などは、すでに3回目の接種率が50%を超えているが、岸田内閣の日本はなかなかエンジンがかからない。

接種間隔も最近、医療従事者や65歳以上の高齢者が6カ月、64歳以下を7カ月に前倒ししたが、英国やフランス、ニュージーランドは3カ月に短縮している。岸田内閣はいつも後手後手だ。

スポンサードリンク

オミクロン株の影響で、年明け以降、新型コロナの死者が増えており、日本国内で報告された死者数は11日、ついに累計で2万人を超えた。「ウクライナ危機」に連動した「台湾有事」「日本有事」も警戒されるなか、岸田内閣で大丈夫なのか。
https://www.zakzak.co.jp/article/20220212-WVHZGRBPVFJ63HDAZKWLDOIXEA/

2022-02-13-k002.jpg

河野太郎前ワクチン担当相は「8か月の接種間隔には私は根拠はないと思っている」と指摘する。河野は2回目と3回目の間隔を原則8か月以上としたことを批判。ワクチンが余っていれば5カ月の間隔でも接種を受けられるようなルールにすべきとした。現に私のところに来た3回目ワクチン接種は8か月間間となっている。私の住む埼玉県では、また接種会場(病院)はかなり予約が取れない状態にある。

もっとスムーズに対応できるような方法にしてほしいものである。 昨年5月、コロナを克服するには集団免疫を獲得するしかなく、やるべきことは明白とし、コロナワクチンの接種を進めねばならないとしていた。ところが、これが難航した。ワクチンによる集団免疫獲得は、従来指摘されていた基本的戦略だ。先進国はワクチン接種を推し進めることに全力を挙げた。このあたり、日本とは対照的だった。

その後、盛り返しつつあったが、オミクロンの感染加速に対し、3回目のワクチン確保と日程の遅れは、岸田政権の遅れと言える。



関連記事

[ 2022年02月13日 08:52 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
韓国では、先週末時点で全人口の57%が3回目接種を終えている(2回目は86%)。
が、新規感染者数が連日過去最高を更新し続け、重症者・死亡者数も増加した。
韓国CDCは、K-防疫の中核を担ってきた”検査&追跡”戦略を放棄した。
いまの問題は、何回接種したかでなく、現行のCovidワクチンに期待するほどの
予防効果が無いことだろう。この結果は、欧米諸国はじめ、イスラエルや
シンガポールなどワクチン接種で先行する国々でも同様。

河野君、どこを見ているのかね?
[ 2022/02/13 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp