韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  安全資産選好でKOSPIが2700ポイント割れ、急激にウォン安進む=韓国

安全資産選好でKOSPIが2700ポイント割れ、急激にウォン安進む=韓国

米国の金融引き締めに対する懸念、戦争か平和かの岐路に立たされるウクライナ情勢の影響を受け、韓国総合株価指数(KOSPI)は2700を割り込み、KOSDAQ(コスダック)は最近1年3カ月の最安値を記録した。

15日、KOSPIは1.03%(27.94)下落の2676.54で取り引きを終えた。最近3営業日で100近くの下落だ。外国人投資家が現物と先物の両方を売却したことが指数を引き下げた。SKハイニックスの株価は4%以上、LGエネルギーソリューションも2.5%下落。KOSDAQは1.51%(12.87)下落の839.92で取り引きを終えた。これは2020年11月17日(839.47)以降の最低値。 ウォンは1日で弱含みに転じ、取り引き中に一時1ドルが1200ウォンを超えた。ソウル外国為替市場でのドル相場は、前日より8.7ウォン高い1ドル=1199.8ウォンで取り引きを終えた。前日の取り引き終盤、需給要因により急落したことによる反発が起きたと見られる。

14日(現地時間)の国際金価格は7営業日連続で上昇し、米ドルも3日連続で続伸するなど、安全資産の選好現象が明確になっている。ウクライナ情勢の解決の糸口が見いだせていないことで、国際原油価格は1バレル=100ドルに向かって突き進んでいる。

スポンサードリンク
WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物価格は2.5%上昇の1バレル=95.46ドルを記録した。これは2014年9月3日以来7年ぶりの最高値。ブレント原油価格は1バレル=96ドルを突破し、同様に2014年9月以降の最高値を更新した。米国債金利は10年物が再び2%に迫るなど、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会による強力な引き締めへの懸念を反映している。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42568.html

2022-02-16-k001.jpg

昨年10月1日、ソウル為替市場におけるウォンのドルに対する為替レートは、前日より4.7ウォン上昇し、1,184.0ウォンとなった。ウォンの対ドル為替レートの危険水域は1,120ウォンとされているが、1年ぶりに1,180ウォンと危険水域を上回り、史上最高値を更新した。険水域となり、韓国政府は警戒モードに入った。

為替レートが1,180ウォンを超えたのは、2020年9月14日以来となる。急激に為替レートが上昇すると、韓国経済に危機を招きかねない。韓国は外国から借金をし事業に投資して経済発展を成し遂げたが、為替レートが上昇すると、借金の負担が重くなり、最悪の場合、デフォルトを引き起こす可能性がある。また、ウォン安が進むと、韓国株に対する投資の魅力が低下する。結果、韓国株式市場から資金が流出し、さらなるウォン安を招きかねない。

関連記事

[ 2022年02月16日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
機関投資家
米国の金融緩和は出口戦略にはいっていて、FRBが
政府に忖度(そんたく)して速度調整しているような。
中国への傾斜を引き留める友好と、韓国のわがままは
許さないという攻撃とが左右に振れている。

現実は、ウオン安の流れが読めると機関投資家が本格的に
ウオン売り攻撃を仕掛ける。それがあまりに急速では困るから。
文在寅はもうじき退任だからどうでもいいだろうが、次の
大統領には油断ならないイシューになります。
[ 2022/02/16 11:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp