韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  半導体不足に苦しんでいたはずの自動車業界が過去最高業績

半導体不足に苦しんでいたはずの自動車業界が過去最高業績

車載用半導体不足が長期化し、自動車を注文しても納車まで半年から1年待ちという状況が続いている。メーカーは「半導体がなくて、車が作れない」と不満を口にする。しかし、車載用半導体を生産するメーカーから完成車メーカーに至るまで、昨年は過去最高の業績を上げている。

世界の車載用半導体大手3社に数えられるルネサスエレクトロニクス(日本)は10日、2021年12月期の売上高が前期比39%増の9944億円、営業利益が2.8倍の1836億円だったと発表した。同社は昨年、日本国内の主要工場で起きた火災で半導体の生産が3カ月遅れたにもかかわらず、売上高と営業利益が大幅に増えた。押し寄せる注文に在庫が底をつくほどの好況だった。車載用半導体でトップシェアのNXPセミコンダクターズ(オランダ)も21年は過去最高の売上高(110億6,300万ドル)となり、前年に比べ5倍以上の増収だった。インフィニオン・テクノロジーズ(ドイツ)の21年の売上高、営業利益も前年比でそれぞれ29%、2.53倍に増えた。

車載用半導体はナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)単位の製造プロセスを争うモバイル・パソコン用半導体に比べ、技術的に劣るとの評価がある。しかし、電気自動車(EV)への転換で車体にさまざまな先端技術が搭載され、車載用半導体の需要が激増している上、新型コロナで世界各地の工場が稼働を停止したことで、供給不足と価格高騰が起きた。

スポンサードリンク
世界的な完成車メーカーも半導体不足で生産に支障が出て、コスト負担も増大したが、昨年は大幅な業績改善を達成した。トヨタ自動車は21年4-12月の売上高が前年同期比19.2%増え、純利益は57.8%増の2兆3162億円といずれも過去最高を更新。 独フォルクスワーゲンの21年1-9月期の営業利益は7倍増となった。

現代自動車も21年の売上高が過去最高を記録し、メルセデス・ベンツ、BMWなど他の完成車メーカーも軒並み増収増益だ。20年のコロナ流行初期に激減した自動車需要が回復しているにもかかわらず、生産台数が減少し、自動車が高値で売れるからだ。実際に自動車メーカー各社は主要人気モデルの価格を引き上げる一方、ディーラーに支払うインセンティブも大幅に減らし、収益性を高めている。消費者にとっては値引きのメリットが低下した格好だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/16/2022021680005.html

2022-02-16-k003.jpg

昨年の日本国内7社、全社が増収増益で黒字に。直近、業績の厳しかった日産、三菱自動車も黒字転換し、2020年がコロナ禍で非常に生産/販売が厳しい状況であったが、コロナ禍から落ち込みから回復を示した決算となった。 VWの2021年上半期(1~6月)の決算は増収増益で黒字転換。営業利益は過去最高の113億5800万ユーロ(約1兆4785億円)。 業績悪化に苦しんでいたルノーも黒字化。2021年上半期の営業利益は、5億7100万ユーロ(約626億円)とようやく赤字から脱出している。

アメリカ勢に関しても、GMは利益30億ドルと急増、Fordも11億ドルの利益を計上した。21年4-6月期は、半導体供給不足を受けて、各社が稼働停止、生産調整を実施し、生産台数はコロナ前に比べ非常に少なくなっている。そこにはこれまでにないほど崩れてしまった「供給と需要のバランス」問題がある。「売りたいのに売るクルマがない」自動車メーカーだが、車の供給が少ない分、1台あたりの価格は上がり、かつてないほど利益が出る状況になったという事だ。

関連記事

[ 2022年02月16日 08:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp