韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国政治 >  当選者が逮捕!?韓国大統領選〝仰天シナリオ…民主主義の衣かぶった独裁国家の恐怖

当選者が逮捕!?韓国大統領選〝仰天シナリオ…民主主義の衣かぶった独裁国家の恐怖

韓国大統領選(3月9日投開票)の公式選挙運動が15日始まった。与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事と、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソンヨル)元検事総長が、激しく競り合っている。韓国の歴代大統領は、在任中に亡命や暗殺、退任後に逮捕や自殺など、悲惨な末路をたどるケースが多い。

韓国大統領選は本番に入った。3月10日に当選人が決まるが、新大統領の就任は2カ月後の5月10日だ。その前日9日午後11時59分59秒まで、国家権力は文大統領が握っていることを忘れてはならない。彼がその気になれば「大統領選挙当選人の逮捕」だって、あり得るのだ。告示の1週間前、韓国の政界に大きな衝撃が走った。野党「国民の力」の候補である尹元検事総長が「(前政権の積弊は)捜査されなければならない」と述べたためだ。これは韓国紙・中央日報のインタビューで、「大統領になったら前政権の積弊清算捜査をするのか」という質問に答えた発言だ。

まさか、「前政権の違法行為については目を閉じる」などと言えるはずがない。インタビューの流れからすれば、これは一般論だ。しかし、政権与党は「尹錫悦は政治報復する意思を公言した」と、発言を歪曲(わいきょく)宣伝した。

スポンサードリンク
そのうえで、文大統領自ら、尹氏に対して謝罪を要求した。文政権には非理・違法行為があるという前提で話したのだから謝罪すべきだという論法のようだ。韓国には「大統領は選挙に介入せず」の大原則がある。告示前だったから「選挙への介入」には当たらないとしても、政界の緊迫は一挙に高まった。振り返れば、文氏が大統領当選直後から進めてきた内政は「左翼政権の永続化」のための作業だった。
https://www.zakzak.co.jp/article/20220217-B2VNE64FHRJR7DQSC3TKDLGEVE/

2022-02-17-k002.jpg

文在寅の娘が大学不正入学、妻への巨額投資疑惑…等など…。最側近・チョ・グクの相次ぐスキャンダルで、韓国の文在寅政権が揺れた。発足当初は80%以上あった支持率は50%を切るまでに凋落。大阪市立大学大学院のパク・イル教授は「過去の政権と同じ運命をたどりかねない」と話す。

前大統領・朴槿恵政権の末期と似ている。朴氏には、腹心女性の娘が大学に不正入学した疑惑が浮上。反発が強まり失職し、懲役25年の実刑判決を受けた。文政権は、朴氏を批判する若者の支持を得て発足した。にもかかわらず、文政権でも側近の娘に不正入学疑惑が発覚。支持者は失望し怒りが増幅した。疑惑をうやむやにすれば、朴氏と同じ運命をたどることになる。

挙句に日韓条約無視であるから、その責任は大きい。

関連記事

[ 2022年02月17日 08:25 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
世間話
ZAKZAKらしい外野記事でした。
よその国のことだから、どうでもいいことだが、
大統領選挙の話をするのに、人物・思想・政策の
話なんかなくて、裏の駆け引きの話。

このサイトの引用も、もっぱらゲスな世間話レベルでした。
[ 2022/02/17 11:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp