韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  「韓国の一日新規感染者、来月初めに36万人」…死亡者は毎日600人以上の可能性も

「韓国の一日新規感染者、来月初めに36万人」…死亡者は毎日600人以上の可能性も

韓国で新型コロナウイルスの一日新規感染者が9万人を突破したことから、今後の感染者の増加に伴う死亡者の急増を懸念する声が高まっている。国家数理科学研究所(数理研)の分析によると、来月初めに一日新規感染者数が最大で36万人に達する可能性があるとのことだ。数理研の予測がこれまで実際の数字とほぼ同じだったことを考えると、オミクロン株の現在の死亡率(0.19%)を当てはめた場合、今後の一日の死亡者数は680人に達することもあり得る状況だ。専門家らは「政府がこの2年間、どのように対処してきたかを示す『防疫成績表』が明らかになり始めた」と話す。

中央防疫対策本部(防対本)によると、16日午前0時時点の新型コロナ一日新規感染者数は9万443人だったという。前日(5万7177人)より約3万人も多い。1週間前の今月8日(3万6719人)と比べると約2.5倍、2週間前の今月1日(1万8343人)と比べると約5倍に達する。これは、数理研が先日発表した分析結果とほぼ同じペースの増加だ。数理研は9日に発表した報告書で、現在の感染拡大ペースが続けば、3月第1週には一日新規感染者数が最大で36万人に達すると予想した。報告書では今月23日に感染者14万人、その1週間後には20万人台になり、3月初めには30万人台に達するとみている。

スポンサードリンク
この研究分析通り、一日新規感染者が最大で36万人になった場合、(オミクロン株の)死亡率が現在の0.19%台なら、一日の死亡者は680人に達する可能性がある。感染者数に対する死亡者数の割合を示す「死亡率」は昨年12月の最終週以降、4週間平均で0.16%前後だったが、今年1月最終週以降は4週間平均で0.19%に上がっている。疾病管理庁は「60代以上の高齢感染者が増加し、死亡率自体が小幅ながら上昇した」と述べた。重症者や重篤な状態に陥るハイリスク集団が増えているという意味だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/17/2022021780052.html

2022-02-18-k005.jpg

韓国政府は、現在「私的な集まりの人数6人まで、営業時間夜9時まで」となっている社会的距離措置のレベルを調整するとし、小規模事業者は営業時間制限の廃止を求める一方で、防疫専門家らは慎重を期すべきだと主張している。これを受け、政府は営業時間を現在より1時間増やす案を有力に検討している。オミクロン株の拡散は上昇曲線を描いているが、政府は社会的距離措置をやや緩和する方針だ。

政府が距離措置の緩和に重きを置くのは、オミクロン株の特性のためだ。オミクロン株はデルタ株に比べて重症化率と致命率が低い。中央事故収拾本部の中央捜査本部のブリーフィングで、重症患者の増加速度はデルタ株に比べて著しく低くなっている状態だとし、中等症病床を弾力的に運営する案などで、1500~2000人の(重症患者)まで十分受け入れられるとしている。

だが防疫専門家は、距離措置の緩和に慎重を期すべきだという見解を示している。日常回復支援委員会防疫・医療分科委員は、「病床や重症患者数より、保健所の人員など社会必須機能の安定性問題の方が大きい」とし、「こうした部分を考慮すると、新規感染者数がピークに達するまで、現在の水準を維持するのが合理的な案ではないかと思う」と述べている。

関連記事

[ 2022年02月18日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp