韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  米国のコロナ感染者1日14万人…デルタ株ピーク以前の水準

米国のコロナ感染者1日14万人…デルタ株ピーク以前の水準

オミクロン株の拡散により、今年初めに急増していた米国の新型コロナウイルス感染確認数は急速に減少し、昨年夏のデルタ株流行のピーク時を下回っている。これを受け、米国の保健当局は近くマスク着用指針を緩和すると見られる。

「ニューヨーク・タイムズ」の16日の報道によると、15日(現地時間)現在の米国の1週間平均の1日の感染者数は14万204人。これはデルタ株の流行がピークに達した昨年9月1日の16万4418人より少ない。 米国の1週間平均の1日あたりの感染確認数は、オミクロン株拡散が最高潮だった先月14日に80万6795人に達した後、急激に減少している。15日の感染確認規模は2週間前に比べ67%も減少している。入院患者も2週間で38%減少し、死者は12%減少の2328人だった。

コロナの減少傾向が明確になったことで、防疫指針の緩和も早まりつつある。NBCは、疾病予防管理センター(CDC)が早ければ来週にも、屋内でのマスク着用指針を緩和すると、消息筋の話を引用して報じた。CDCは人口10万人あたりの感染者数をもとに、コロナの拡散が激しい、または危険性の高い地域に対して屋内でのマスク着用を勧告している。この基準によると、米国のほとんどのカウンティ(郡)が屋内でのマスク着用対象地域になるとNBCは伝えた。

スポンサードリンク
CDCのロシェル・ワレンスキー所長はこの日のコロナに関するブリーフィングで「状況は正しい方向へと進んでいる」とし、コロナ感染者数の趨勢だけでなく、病院の余力なども考慮して、近いうちに新たな指針を発表すると述べた。 欧州で比較的厳しい防疫指針を維持しているドイツやオーストリアも、防疫指針の緩和計画を発表している。BBCによると、オーストリアは来月5日に大半の防疫指針を解除することを決めており、ドイツ政府も来月20日に防疫指針を解除することを約束した。オランダはこれに先立ち、今月25日にほとんどの防疫指針を解除する予定で、フランスは来月中旬に屋内でのマスク着用義務を解除する。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42607.html

2022-02-19-k002.jpg

新型ウイルスが流行して以来、世界保健機関(WHO)の公式アドバイスは明快だ。マスクを着用すべき人は、あくまでも2種類のみ。症状のある患者と、新型ウイルスに感染した疑いのある人をケアする人だ。このほかは誰も、マスクを着ける必要はない。これにはいくつかの理由がある。

ひとつに、マスクはウイルス防御としては不十分だとされているからだ。現時点での研究では、飛まつの拡散や汚染表面との接触によって、新型ウイルスに感染する。なので、マスクが防御として役に立つのは、感染者があなたの顔の近くでくしゃみやせきをしたときだけだ。だからこそ専門家は、せっけんを使ったこまめな手洗いの方がずっと効果的だとしている。

マスクを外すときには、手の汚染を避けるのに特別な注意が必要だ。マスクを着けることで、誤った安心感を抱いてしまう場合もある。とはいえ、新型コロナウイルスは、せきやくしゃみなどで出る飛沫や、おおむね5マイクロメートル(0・005ミリ)より小さな水滴が空気中にただよった状態のもの(エアロゾル)を吸い込むことで感染すると考えられている。

マスクが重要なのは、ウイルスを含む飛沫やエアロゾルを広げたり、吸い込んだりするのを防げるからだ。マスクがどのくらい小さな粒子まで防げるかを調べたものとしては、スーパーコンピューター「富岳」のシミュレーションが知られる。不織布マスクだと、粒子の小ささに関わらず、生地を通り抜ける粒子はほとんどないが、20マイクロ以下の粒子だと顔とマスクの隙間から漏れる割合も多くなるといった結果が報告されている。

ただ、あくまで計算上のもので、実物のマスクがどのくらいの性能なのかを比べた研究は少ないのも事実。マスクはウレタン製(2種類)、医療用マスク(2種類)、不織布、布製の計6種類を試した。最も性能がよいのは医療用マスクで、0・5~5マイクロの粒子をほとんど通過させなかった。 さらに小さな0・3マイクロ以下の粒子についても、通過する量は約1千分の1に減っていた。 不織布や布製マスクもほぼ同様の性能を示したという。

関連記事

[ 2022年02月19日 08:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp