韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソウル江南区のマンション価格が1年3カ月ぶりに下落

ソウル江南区のマンション価格が1年3カ月ぶりに下落

貸し出し規制と金利引き上げなどでソウルのマンション取引きが激減する中、高級マンションが集中している江南区(カンナムグ)のマンション価格が、1年3カ月ぶりに下落した。 17日、韓国不動産院の週間マンション価格動向によると、14日調査を基準に、江南区マンションの売買価格は先週より0.01%下がり、2020年11月以降初めて下落した。龍山区(ヨンサング)も前週比0.01%落ち、2020年6月以降1年8カ月ぶりに下落に転じた。

ソウル25区のうち瑞草区(ソチョグ)・城東区(ソンドング=0%)、中浪区(チュンラング=0.01%)を除く22区のマンションの売買価格が下落した。ソウル全体のマンションの売買価格は、前週(マイナス0.01%)に比べて0.02%落ち、下落幅が拡大した。4週連続の下落だ。不動産院は、「貸し出し規制や金利引き上げなどで買い手に様子見の雰囲気が強まり、昨年高騰したり、売りの物件が多く出ているマンション団地を中心に価格調整が進んでいる」と説明した。

実際、ソウル江南地区の主要マンション団地で、従来の最高価格より数億ウォンが下落した価格で売られる例が相次いでいるなど、江南の中心地にも下げ止まりの動きが広がっている。全国マンションの賃貸保証金も同様に、先週に比べて0.01%下がり、2019年8月以降2年半ぶりに下落した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20220218/3205960/1

スポンサードリンク
韓国ソウル市内にあるマンションの取引量が急減している。住宅価格が頂点に達したという認識や融資規制などが主な原因だ。また、来月に行われる大統領選挙を前にして、マンション投資でなく、マイホームを必要とする人々でさえ購入を控えている。そのために、少なくとも選挙までは不動産取引量の減少傾向が続くものとみられる。

2022-02-19-k003.jpg

ソウル市で運営する不動産情報サイト「ソウル不動産情報広場」によると、1月のソウル市内マンションの取引量はこの日まで537件に上っている。昨年1月の5795件と比べると、92%減少した数値だ。1月の取引届出期間が2月末までということを考慮しても、現在の傾向が続くことになれば、1000件前後になる見通しだ。取引量が大幅に減少したのは「住宅価格がもはや値上がりしない」という認識や、現政権の融資規制政策のために資金調達ができないという点などが、最大の原因とみられる。

韓国不動産院によると、1月第4週(24日時点)ソウルのマンション価格動向は87週ぶりに初めて下落に転換し0.01%減を記録した。これは裏返して言えば86週間も連続で価格が上昇したことを意味する。86週間、ソウルのマンション価格は7.7%、全国のマンション価格は18.97%上がった。

関連記事

[ 2022年02月19日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
経済の先行き不透明感のせいで、住宅投機が後退して売りに転じ、銀行は融資を引締め、庶民は現金保有強めた結果。すべての要素が景気後退を示唆している。
[ 2022/02/19 09:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp