韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、財政に続き貿易も「赤字の沼」

韓国、財政に続き貿易も「赤字の沼」

韓国では14年ぶりに貿易収支が3カ月連続で赤字となる可能性が指摘され、輸出への依存度が高い韓国経済は厳しい状況となっている。韓国は既に福祉支出の拡大などで慢性的な財政赤字に直面しており、今年の韓国経済は財政赤字と貿易赤字という「双子の赤字」に陥ることが懸念されている。

韓国関税庁は21日、2月1-20日の貿易収支が16億7900万ドルの赤字だったと発表した。原油価格の高騰などで輸入が増え、昨年12月に貿易収支が20カ月ぶりに赤字に転落して以降、1月に続き2月も赤字となる可能性が高まった。3ヶ月連続赤字となれば、2008年6-9月の4カ月連続以来、14年ぶりとなる。2月1-20日の輸入額は前年同期比12.9%増の360億ドルだったのに対し、輸出額は13.1%増の343億ドルだった。輸出も伸びているが、原油、石炭などエネルギー関連輸入の増加分を相殺するには至らなかった。原油輸入は55%増の49億ドルで、石炭は131%増の12億ドルだった。韓国は年間9億-10億バレルの原油を輸入しているため、原油価格が1バレル当たり10ドル上昇すれば、貿易赤字が90億-100億ドル増えることになる。

原油高によるエネルギー輸入増は相当期間続くとみられる。韓国経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「ウクライナ問題以前から世界的なサプライチェーン(供給網)の問題で原油価格が急騰した。こうした状況が少なくとも今年前半まで続く」と予想した。エネルギー経済研究院はウクライナ問題が解決されない場合、原油価格が最高で125ドルまで上昇すると予想した。

スポンサードリンク
貿易収支は経常収支で最も大きな割合を占める。貿易収支の赤字から脱却できない場合、2020年5月から昨年12月まで連続黒字となっている経常収支も赤字に転じる可能性がある。すでに総収入から総支出を差し引いた統合財政収支は19年以降、3年連続で赤字となっている。政府債務が急激に増え、財政の健全性が悪化しているが、長期間続いた黒字基調まで崩れれば、国家の信用度低下リスクにつながりかねない。19年以降3年連続の財政赤字は既に韓国経済の潜在的リスク要因となった。

信用格付け大手のフィッチは先月、韓国の主権格付けをダブルAマイナスに維持しながらも、「韓国は短期的には政府債務の増加を持ちこたえられる水準だが、債務比率が継続的に上昇しており、長期的な観点では信用格付けの圧迫要因として作用する可能性がある」と指摘した。韓国の政府債務は昨年時点で965兆ウォン(約93億円)で、コロナ以前の19年(723兆ウォン)に比べ242兆ウォン増えた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/22/2022022280008.html

2022-02-23-k006.jpg

1月貿易収支は48億9000万ドル(約5638億円)の赤字となり、昨年12月に続き2カ月連続で赤字が続いた。2カ月連続で貿易赤字は世界金融危機を体験した2008年以降14年ぶりに初めてだ。特に、財政赤字が悪化の一途をたどっている中、貿易赤字は財政拡大懸念が加速する。韓国は米国と違って基軸通貨国ではないうえに、天然資源もない。貿易が経済の主となる開放経済体制では極度に危険な状況だと言わざるを得ない。

1997年通貨危機の時も貿易収支赤字が積もっていたが、警戒心がなかったため、結局は国家破産の寸前まで達した。それでも当時、救済を受けた決定的な背景は強固な財政だった。国内総生産(GDP)比国家債務比率は11.4%だった。この比率は今年50%を超えた。国の財政が黒字なのか赤字なのかを示す統合財政収支は2019年から赤字に陥った。統合財政収支の赤字は昨年100兆ウォン(約9兆6000億円)に迫っている。統合財政収支は一般財政に国民年金など社会保険財政を含んでいる。

関連記事

[ 2022年02月23日 08:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp