韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国社会 >  韓国のコンビニが独立運動記念日の三一節に向け「愛国マーケティング」に集中する理由

韓国のコンビニが独立運動記念日の三一節に向け「愛国マーケティング」に集中する理由

3月1日の三一節(日帝に抵抗した独立万歳運動記念日)を前に、コンビニエンスストアを中心とする流通消費財各社が「愛国マーケティング」を続々と実施している。三一節や光復節(8月15日)のような国の記念日を用いたマーケティングは企業の信頼度を高め、ブランドイメージが見直される機会とされる。ただ、新型コロナウイルスのオミクロン株の大流行や大統領選挙運動などが重なったため、例年とは異なり三一節マーケティングはやや低調なようだ。

愛国マーケティングに最も力を入れているのはコンビニ業界だ。CUは、三一節を迎えるにあたって、独立運動精神を称えるため消費者と共に「読み直す独立宣言書」SNSキャンペーンを実施すると25日に発表した。3・1運動100周年を記念して製作された「やさしく正しく読む3・1独立宣言書」から10の文を抜粋して作られたフィルターで写真や映像を撮り、「#読み直す独立宣言書」ハッシュタグとともにインスタグラムなどにアップするというものだ。

CUは、来月5日までにキャンペーン参加者が310人を超えれば、独立有功者の子孫の居住環境改善事業のための基金として1000万ウォン(約95万8000円)を寄付する計画だ。この基金は、1919年に忠清南道洪城郡(ホンソングン)で独立運動を展開した故キム・サンオク愛国志士の子孫のために使われる。

スポンサードリンク
CUが愛国マーケティングに集中するのは、反日感情が高まった際に営業に大きな打撃を受けた痛い記憶があるからだ。CUの前身のファミリーマートは、1990年代に日本本社と商標権契約を結んで国内で営業を開始した。韓日が対立するたびに不買運動の対象となってきた。2012年に契約を解除してCUとして独立後、国内ブランドであるとのイメージを伝えるために積極的に用いてきたのが祝日マーケティングだ。CUは2012年前後から、8・15光復節にあわせた太極旗証明写真イベントや、毎年10月25日の「独島の日」を記念した「独島守護」商品を発売するなどの愛国マーケティングを続けてきた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/42673.html

2022-02-27-k001.jpg

三一節(サミルジョル)は、1919年3月1日、日本の植民地支配に抵抗して、市民たちが独立を願って行なった運動をたたえた祝日となる。三・一独立運動とは、日本の統治に反旗を翻し、朝鮮半島の人々が、日本からの自主独立を求めた運動のことを指す。1910年の日韓併合により、日本の植民地となった朝鮮半島。9年後の1919年3月1日、民族代表33人と呼ばれるソン・ビョンヒをはじめとした33名が、パゴダ公園(現在のタプコル公園)で独立宣言書を読み、全世界に朝鮮民族の自主独立を宣言した。

3月1日は街中のいたるところで太極旗(テグッキ)が掲げられ、タプコル公園のある鐘路(チョンノ)では、毎年三・一独立運動で殉死した人々を追悼する記念行事や、独立を祝う記念行事が行なわれている。普信閣(ポシンガッ)~ソウル劇場までの鐘路1~3街の800メートルの区間は歩行者天国になり、「万歳運動再現行事」をはじめとして、写真展・国楽フェスティバル・農楽(ノンアッ)など多彩なイベントが朝から夕方まで続く。

今年は、カフェフランチャイズ1位のスターバックスも、三一節を記念したタンブラーとマグカップを発売する。スターバックスは、主な祝日を記念する商品を販売した収益金の一部を、国内の文化遺産の保護や独立有功者の子孫に対する奨学金の基金としてきたが、今回の商品も国内の文化財支援の基金などとして用いるという。米国のスターバックス本社とEマートの合弁会社として1999年に韓国に進出したスターバックスは、国内市場への定着、業界での地位固めのために様々な社会貢献活動を繰り広げてきた。

各企業は、このような祝日マーケティングは収益を狙ったものというより、企業イメージアップのためのものという立場だ。韓日対立が拡大した時や国際的な行事がある時は三一節、光復節関連のイベントが堰を切ったようにあふれるが、今年は大統領選挙が重なったため、やや静かな感じだ。

関連記事

[ 2022年02月27日 07:42 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp