韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国の貿易赤字、放置してもよいのか

韓国の貿易赤字、放置してもよいのか

韓国の貿易収支は昨年12月に続き、今年1月も赤字を記録した。輸出が12月に607億4000万ドル、1月に553億2000万ドルとそれぞれの月で過去最高を記録したにもかかわらず、輸入額には届かず、2カ月連続の貿易赤字となった。

産業通商資源部が2月1日に発表した1月の輸出入動向は資料が37ページから成り、その大部分を輸出成果を具体的に羅列することに割いている。原油・天然ガスなどエネルギー価格の高騰による2カ月連続貿易赤字を分析した部分は相対的に簡潔だった。しかも政府は「貿易赤字は日本、フランスなど他国も同じだ」といった具合に記述した。最近の赤字は「一時的」なものだたから、あまり心配するなというニュアンスも漂った。

世界的にエネルギー価格が高騰し、韓国と産業構造が似た国も貿易赤字であれば安心してよいという論理だろうか。1バレル=90ドルに迫った原油価格、年間で50%以上上昇した原油輸入価格、前年同月比で91億ドル急増した1月の3大エネルギー源輸入額よりも、むしろ韓国政府の安易な状況判断が不安になる。

スポンサードリンク
足掛け3年続く新型コロナ、ウクライナを巡るロシアと西側の緊張は、世界的な供給難を悪化させるだけでなく、原油・ガス・石炭の価格までつり上げている。輸出が過去最高でも「20カ月ぶりの貿易赤字転落」という。苦々しい韓国の貿易実績はそうした対外リスクの結果だ。しかし、政府の資料のどこにも危機をどのように克服するのかという内容は見当たらない。輸出は順調なのだから構わないと見かけを繕うばかりだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/25/2022022580109.html

2022-02-27-k002.jpg

韓国の累積貿易収支赤字が、年初から20日までの51日間で、65億ドルを超えた。日平均1億3000万ドルの赤字だ。半導体などの主力製品の輸出は、堅調な増加傾向を見せたが、国際原油価格の急騰により、原油の輸入額が急増した。世界的なインフレに加え、ウクライナ情勢による国際原材料価格の高止まりが当分、続く見通しで、韓国経済に「原油高発」の危機が迫っている。

韓国関税庁によると、2月1-20日の貿易収支赤字(通関ベース暫定値)は16億7900万ドルと集計された。貿易収支は、原油やガス、石炭の3大エネルギー源価格の高騰を受け、昨年12月、20か月ぶりに赤字へと転じた。1月は、史上最大水準の48億9000万ドルの貿易赤字が発生した。1月から2月20日までの累積貿易収支赤字は、65億6900万ドルに達する。

今月の集計分を8日ほど残しているが、このままいけば、3か月連続の貿易赤字が予想される。これは、世界同時不況で2008年6月から9月まで4か月連続で貿易赤字が発生して以来、最長期間だ。大規模な貿易赤字は、輸出が低迷しているからではない。2月1-20日、半導体、鉄鋼、自動車など主力品目の輸出は、10.9-18.1%の二桁増加率を記録した。問題は、輸入額が大幅に増加していることだ。

国際原材料価格の上昇の影響を受け、貿易収支の赤字が今年上半期まで続くとの見方が多い。世界的な供給網の不安に原油高まで重なり、産業界は非常対策作りに追われている。韓国経済を支えている貿易収支が長期間の赤字を続ければ、今年の成長率減速はもとより、国の格付け下落も避けられないとの懸念も出ている。

関連記事

[ 2022年02月27日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
貿易立国が貿易赤字では本末転倒。かつての日本も過度に輸出貿易に傾斜していた時期があった。米国に一方的に恨まれ、無理やり産業構造を「転換」させられて、製造業が縮小し、産業の空洞化が起こり、地方の中小企業が壊滅した。
韓国も同じ道筋をたどっている。日本の場合、巨大な貯蓄が衰退を緩やかにしているが、借金大国の韓国では、衰退が止まらず、アルゼンチン化(IMF支援がないと予算を編成できない)する可能性が高い。
韓国が日頃なにかとスワップ、スワップと連呼するのは、実に悪い兆候といえる。
[ 2022/02/27 21:11 ] [ 編集 ]
日本も同じ
韓国電力の電力価格が最大の問題になる。
政府が赤字補填するが、それが限界にきて、
供給単価を引き上げとなると国論が沸騰する。

日本も同じで、東京電力の赤字はどうするのか。
[ 2022/02/28 15:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp