韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  中国も驚いた韓国の反中感情

中国も驚いた韓国の反中感情

中国のあるシンクタンクに勤務する中年のAが中国のSNS(会員制交流サイト)で広がる内容を送ってきた。スピードスケート韓国代表の車旼奎(チャ・ミンギュ)選手が北京冬季オリンピックのマスコット「ビンドゥンドゥン」の人形をごみ箱に捨てたというのだ。「中国人ボランティア」がその様子を見たという。代表チームを取材する同僚を通じて確認したところ、ビンドゥンドゥンは車選手の部屋に確かに保管されていたという。根拠のないフェイクニュースが物腰の柔らかいAを興奮させるほど、今の韓中関係は危うい状態だ。小さなきっかけで野原をも焼き尽くす勢いだ。

2月20日に幕を下ろした北京冬季オリンピックは韓中関係の虚弱性を赤裸々に示した。韓服と誤審問題は反中・反韓世論に火を付けたちまち広がった。中国のSNSは「韓国の手のつけようのない反中感情」を批判する書き込みであふれ、駐韓中国大使館は3日連続で反中世論に対する論評を出した。現地在住のある韓国人は「北京で北京オリンピックを見ることがこれほどハラハラするとは思わなかった」と述べた。

中国では敵対心を超え嫌悪に近い韓国の対中感情表出に驚いているようだ。「臨界点を越えた」「前例がない」などの表現も使われている。親中の態度を示してきた韓国与党の大統領候補まで中国に背を向けるような態度を示すと、「韓中関係を仲たがいさせる親米保守勢力のせい」とする「伝統的分析」も力がなくなった。

スポンサードリンク
北京外国語大学の周曉蕾教授は韓国のMZ世代(1980-2015年生まれ)の反中感情に注目している。景気沈滞、不動産政策の失敗で経済面での不安が高まっていると同時に、Kポップ、Kドラマの成功で国への誇りが強いMZ世代が未来への不安を隣国(中国)に対する軽蔑に変えているというのだ。このような分析は「中華民族が世界最高」という愛国主義教育を受けて育った中国のMZ世代にも適用できる。両国の対立は短期間で終わらないという意味だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/26/2022022680023.html

2022-02-27-k003.jpg

韓国の文在寅大統領の任期満了にともない、3月に投票が行われる韓国大統領選挙は、2月15日から公式の選挙運動期間に入った。気になるのは、いくつかの新聞で報道されていますが、20代~30代の若者が反中国の世論になって来ているということだ。韓国の世論的に言うと、いまは若者を中心に反中国的な機運が、オリンピックで偶然にも高まっている。そこに大統領選挙が始まりますので、若干、保守系野党勢力に有利に働いている様だ。

韓国で「ヘル朝鮮」という言葉が出て来ている。文在寅政権だけではなく、金大中時代からずっと続いている新自由主義的な政策。日本でも雇用を流動化すると、給料が増えるのではなく、逆に全員が非正規になって貧しくなるのではないかという話がある。まさにそれをやったのが韓国。アジア通貨危機のあとにIMFが入って、経済改革をなかば強引にやったという事実がある。

「強い経済をつくらなくては」と言って、確かに強い経済はできたのだけれども、それはサムスンなどの財閥が強くなっただけだ。サムスンなどの財閥に入れないと全然ダメだという。若者は就職活動、それ以前に大学受験も競争が厳しくなって、サムスンなどに入れれば生涯の生活は安泰なのだけれども、入れないとなった瞬間、どうにもならない人生になってしまう。

もともと中国には反論し無い韓国政府への不満と共に、今の若者は、反中感情が高まった状態にある。

関連記事

[ 2022年02月27日 08:05 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp