韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国輸出企業の海外サプライチェーン「中国依存度」46%

韓国輸出企業の海外サプライチェーン「中国依存度」46%

韓国輸出入銀行海外経済研究所が実施した「輸出企業海外供給網の現況および影響調査」によれば、韓国の輸出企業による海外のサプライチェーン(供給網)への依存度が46%に達することが分かった。特に再生可能エネルギー分野では中国への依存度が70%を超え、対策が求められている。輸出企業は昨年に続き、今年もサプライチェーンの悪化による困難に直面しそうだ。

今回の調査は同研究所が調査機関ファインリサーチに依頼し、輸出企業542社を対象に今年1月4日から10日まで行われた。
韓国の輸出企業のうち64%が海外のサプライチェーンを活用していた。また、海外のサプライチェーンを通じ、原材料・部材の35%を調達していることが分かった。海外のサプライチェーンに占める中国の割合が最も高かった。対中依存度は大企業で35%、中小企業で47%に達した。続いて、日本(14%)、欧州(13%)、米国(11%)、東南アジア(11%)の順だった。

産業別に見れば、太陽光など再生可能エネルギー分野の対中依存度は71%と最も高く、繊維(57%)、鉄鋼・非鉄金属(53%)、電機・電子(52%)の順だった。同研究所は「韓国の大部分の産業が中国のサプライチェーンにかなり依存しており、サプライチェーンの多角化でリスクを軽減すべきだ。再生可能エネルギー産業の場合、対中依存度が高い他の産業よりも深刻な水準であり、対策が必要だと判断した」と指摘した。

スポンサードリンク
また、輸出企業のうち69%が昨年はサプライチェーンの悪化で輸出に支障を来したと答えた。産業別に見ると、繊維類(83%)と石油化学(77%)、自動車(73%)、再生可能エネルギー(71%)でその割合が高かった。地域別では東南アジア(76%)、中国(74%)、米国(72%)にサプライチェーンを置く企業の輸出が困難に直面し、日本(56%)、欧州(61%)から供給を受ける場合は相対的に影響が小さかった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/03/01/2022030180005.html

2022-02-27-k003.jpg

韓国が2020年に中国から輸入した半導体は179億3千万ドルで、半導体輸入額全体の39.5%だった。韓国のこのような対中輸入依存度は、米国(6.3%)の6.3倍、日本(18.3%)の2.2倍の水準だ。半導体とともに米国のサプライチェーン再構築4大主要品目とされるバッテリー(リチウムイオン蓄電池)・抗生物質・レアアース類の対中輸入依存度も、米国や日本よりもはるかに高かった。

全国経済人連合会(全経連)は12日、韓国貿易協会、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)の統計をもとに、韓米日3カ国の対中輸入依存度を比較した結果、部品・素材を含め中間財の依存度で韓国が最も高く、2018年の米中貿易戦争発生後、最も大幅に上昇したと発表している。2020年基準の全品目の対中輸入依存度を見ると、日本26.0%、韓国23.3%、米国18.6%の順となっている。

世界平均は14.3%だった。部品・素材の依存度は韓国29.3%、日本28.9%、米国12.9%だった。中間財は2019年基準で世界平均10.4%、韓国27.3%、日本19.8%、米国8.1%の順だった。今もなお依存度に大きな変化はない。

関連記事

[ 2022年03月01日 08:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国やめよう
韓国では"調達安全保障"という思想が出てきたようだ。
ソーラー発電は、中国のパネルメーカーと、国内の設置業者が
つるんで休閑地をあさっているのでしょう。
[ 2022/03/01 19:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp