韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  世界がプーチンを糾弾するのに…中国人はなぜロシアの肩を持つのか

世界がプーチンを糾弾するのに…中国人はなぜロシアの肩を持つのか

全世界がロシアのウクライナ侵攻を批判し、さらにロシアでも反対デモが続いているが、中国だけは例外だ。中国政府が戦略的な理由からロシア側に立つことは予想されていたが、中国国民もロシア側に立ち、反対意見を受けいれない態度を示している。

南京大学の孫江教授ら中国の歴史学教授5人は先月26日、ロシアのウクライナ侵攻を「不正義の戦争」だと批判する文章を中国版ツイッターのウェイボーに投稿すると、災難にあった。彼らは800字程度の短い投稿に「核兵器を保有する強大国が弱い兄弟国家を攻撃し、国際社会が驚愕している。(中略)戦争に踏みにじられた国(の国民)として、ウクライナ国民の苦痛に共感する」と書いた。

刺激的な内容ではなく、常識的なレベルで問題を提起したが、中国のネットユーザーたちはこれを容認しなかった。「5匹のネズミが騒動を起こす」「国家の立場に反する」などの盲目的な非難があふれ、結局、投稿はわずか2時間で削除された。真面目な批判もあった。あるネットユーザーは「ウクライナ戦争が勃発した日、イスラエルはシリアを、米国はソマリアを空襲した。なぜ教授たちは、イスラエルと米国の空襲は無視し、ウクライナ侵攻だけを指摘するのか」とし、「イスラエルと米国の戦争が真の強権戦争であり、ロシアの戦争は自分を守るための自衛戦争」だと主張した。

スポンサードリンク
中国人のウクライナ侵攻への支持は、過熱している状態だ。先月24日午前にウラジーミル・プーチン大統領がウクライナ侵攻の命令を下す際に行った演説は、5000字を超える長文の中国語に翻訳され、オンライン上で10億回以上共有された。ネットユーザーたちはプーチン大統領を「大帝」と呼び、「支持する」「血が沸き立つ」「立派な演説だ。筋が通っている」などのコメントを投稿した。あるネットユーザーは「2回詳細に読んだが、1字1字が珠玉のようだ。ロシアの絶体絶命の反撃を支持する。あなたたちは世界平和に貢献している」と書いたりした。

一部の市民が反戦の主張を出したことが知られているが、中国では大きな反響はない。米国の「ラジオ・フリー・アジア」(RFA)の報道によると、中国の北京大学や精華大学などの出身の132人が実名で先月28日、「ウクライナに対するロシアの侵略行為に反対する」と題する声明を出したが、中国メディアやインターネットなどでは、まず見つけられない。中国当局は最近、ウクライナ情勢について、「ロシアに不利で西側に有利な内容」は報道できないようにするメディア統制の指針を下したと、ドイツの「ドイチェ・ヴェレ」中国語版が報じた。ウクライナ侵攻を機に、国家レベルで「親ロ反米」感情をあおっているのだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42733.html

2013-12-08-ca.jpg

ウクライナに全面侵攻したロシアがウクライナの民間人に対する無差別攻撃を本格化した中、中国内部で微妙な流れの変化が起きている。中国版ツイッター”微博(ウェイボー)”など中国のSNSに、ウクライナとの友好的関係や、ウラジーミル・プーチン ロシア大統領を非難する動画が次々とあがっているためだ。中国政府の論調にも変化が読み取れる。中国外務省の報道官はきのうの定例会見で、ロシアのウクライナ侵攻により発生した民間人の人命被害について「遺憾」を表明した。

報道官は「中国は、死傷状況に対して遺憾に思う」とし「民間人の生命と財産・安全が効果的に保障されなければならず、大規模な人道主義の危機が発生しないようにしなければならない」と強調した。先月24日のロシアによるウクライナ侵攻以降、中国が遺憾の立場を明らかにしたのは、今回が初めてである。中国による今回の変化は、ロシアをかばう態度を示してきたことに対する国際社会の世論が悪化したことに加え、ウクライナ内の反中情緒の拡散により現地中国人たちが攻撃を受けるなど、苦しい立場に立たされたことによるものだとみられる。

関連記事

[ 2022年03月04日 08:03 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
心配される事はパラリンピック終了後の台湾侵攻
プーチンがウクライナを侵略して無理やりロシアに併合しようとしている、これと同じ事を考えているのが習近平。
全世界がロシアに注目している今が台湾に攻め込んで併合する絶好のチャンス、パラリンピックが終わればすぐに台湾に攻め入って併合しようと動くだろう。
[ 2022/03/05 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp